英国史上最も意外なスパイの心を奪ったトム・ヒューズ『ジョーンの秘密』本編映像

ジュディ・デンチ主演『ジョーンの秘密』から、スパイ容疑で告発されたジョーンが若かりし頃に恋い焦がれた相手を演じたトム・ヒューズのインタビューと、トムが熱弁を振るう本編映像が到着。

映画 洋画ニュース
『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
  • 『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
  • 『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
  • 『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
  • 『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
  • 『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
  • 『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
  • 『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
  • 『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
英国映画界・演劇界の至宝ジュディ・デンチを主演に迎え、イギリス史上最も意外なスパイの実話から生まれた衝撃作『ジョーンの秘密』。この度、スパイ容疑で告発されたジョーンが若かりし頃に恋した相手として出演するトム・ヒューズのインタビューと、トムが熱弁を振るう本編映像が到着した。

>>『ジョーンの秘密』あらすじ&キャストはこちらから

TVシリーズ「女王ヴィクトリア」のアルバート公役で高く評価され、「THE GAME」では70年代のスパイを演じていたトム・ヒューズ。本作では、恋と政治の駆け引きで若かりし頃のジョーンを翻弄するロシア人の恋人レオを演じている。

イギリス郊外で穏やかな一人暮らしを送っていたジョーン・スタンリー(ジュディ・デンチ)。ところが、2000年5月、ジョーンはロシアに機密情報を流したというスパイ容疑でMI5に逮捕されてしまう。捜査官の取り調べは、1938年まで遡り…。

第2次世界大戦目前、その時代を生きたレオというキャラクターについてトムは、「共産党の活動に深く関与していたケンブリッジの学生なんだ。彼は闘争、発展、共産主義を広めることに心酔していく。そこで、初めてジョーン(ソフィー・クックソン)を紹介されたとき、レオはすぐに二つの何かを感じたんだよ。それは恋愛への情熱と政治的な理想を追求する情熱なんだ。二人は惹かれ合って、同じ世界で生きていくことになる」と語る。

『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
その強烈なカリスマ性については、「彼は社会にとらわれていない存在だから、常に魅力的なんだよね。そういう人たちはとにかく自由で、快活さのような不思議な何かがあって、悪びれない。潜在的に人を引き付けるものを持っている。それはたいてい自滅的だったりするんだけど、彼と一緒にいる人には中毒性があるんだ」とレオの魅力について分析。

『ジョーンの秘密』 (C) TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018
そんなレオと恋におちるジョーンだが、彼女に対して「ジョーンはあらゆる面において未熟で、たぶんレオと一緒にいることへの危険性に対して認識できていなかったから、夢中になって、魅了されてしまったんだと思う。小さな町で育った彼女が知っていたものとは正反対で、典型的な、型破りな男だったから」と語った。

ジョーンの心を奪い、彼女と情熱的な恋愛関係になるレオという役は、礼儀正しくてチャーミングで危険な香りがただよう男だ。キャスティングに対して「マクベス」や「冬物語」などジュディ・デンチの名作舞台を何作も演出した、本作の監督トレヴァー・ナンは、「僕が最初に考えたのがトムだった。彼が250人の聴衆を相手に長いスピーチをする大きなシークエンスがあるんだけど、トムは文句ひとつ言わず、全力でそのシーンを14回も演じてくれたよ」と言い、「かなり前から一緒に仕事をしたいと思っていた」と念願のキャスティングだったことを明かしている。


なぜジョーンは祖国を裏切ったのか、KGBに利用されたのか、レオへの愛のためなのか、それとも。スリリングな謎解きに息をのみ、クライマックスのジョーンのスピーチに、いまを生きる私たちに深くつながる物語であることに気づかされる本作。ジョーンが若きころに夢中になった“危険な男”レオの、説得力のある魅力的な姿からも目が離せない。

『ジョーンの秘密』は8月7日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top