岩田剛典、福田組初参加!渡辺直美は絶世の舞姫に『新解釈・三國志』“チーム舞”解禁

大泉洋と福田雄一監督の初タッグ作『新解釈・三國志』に、岩田剛典、渡辺直美の参加が決定。

映画 邦画ニュース
『新解釈・三國志』趙雲&貂蝉 (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会
  • 『新解釈・三國志』趙雲&貂蝉 (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会
  • 『新解釈・三國志』 (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会
  • 『新解釈・三國志』 (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会
  • 『新解釈・三國志』チーム暴 (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会
  • 『新解釈・三國志』周瑜と孫権 (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会
  • 『新解釈・三國志』 (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会
大泉洋が福田雄一監督と初タッグを組んだ『新解釈・三國志』に、忠義の若武者役で岩田剛典、絶世の舞姫役で渡辺直美の参加が決定。ダンスパフォーマンスに優れた2人による“チーム舞”のメイキング映像も解禁された。

>>『新解釈・三國志』あらすじ&キャストはこちらから

「蜀」の武将・劉備を演じる大泉さんに続き、4月には“チーム蜀”の孔明をムロツヨシ、関羽を橋本さとし、張飛を高橋努、5月には“チーム暴”の黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗、さらに6月には“チーム呉”の周瑜を賀来賢人、孫権を岡田健史、黄蓋を矢本悠馬、魯粛を半海一晃、7月には“チーム妻”の黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月と続々キャストが発表されてきた本作。

『新解釈・三國志』 (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会
そして今回発表になった、劉備の人柄に惚れ込み臣下となった武将・趙雲(ちょううん)を演じるのは、「EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS」メンバーでパフォーマーとしての活動のみならず、映画・ドラマなどの様々な作品で幅広い役柄をこなす岩田剛典が福田作品に初出演。

まだ乳飲み子であった劉備の息子を抱え、単騎で敵陣を突破するほどの闘志と誠実さを持ち合わせていた、という逸話が残る趙雲だが、本作での新解釈・趙雲は岩田さん曰く「鼻につく自称イケメン将軍」だそう。

「自分の中でも新しい世界だったのですが、変な汗をかきつつ色々なことをやっていたら、気付いたらオールアップしていました」と手応え(?)十分。「とにかく笑いの絶えない、楽しく刺激的な現場でした!特に渡辺直美さんとのシーンでは笑いを堪えるのが大変すぎてみなさん、もはや堪えるのを諦めていました」とふり返っている。

さらに、「三國志」では絶世の美女で、歌舞に優れていたと知られている貂蝉(ちょうせん)を演じるは、芸人の枠に留まらず、ダンス・演技・SNSなど様々なジャンルで活躍、レディー・ガガ公認の「Rain On Me」パロディMVも話題の渡辺直美

妖艶でミステリアスな貂蝉だが、「二人の男が絶世の美女を奪い合うんですが、まさかのその絶世の美女役でした(笑)」と渡辺さん。「貂蝉のあるシーンで福田監督が、『ここのシーンはフリーでやっちゃっていいよ!』と言ってくださったんですが、中々カットが掛からず、テンパって後半意味不明な言動をした事を覚えています。それを福田監督が笑いながらOKをした時に、何故か興奮しました(笑)」と爆笑の現場をふり返る。


パフォーマーとして活躍する岩田さんと、ワールドツアーを成功させた渡辺さんの実力派2人による“チーム舞”もまた必見。今回解禁される新しいメイキング映像では2人の舞いに、笑いを我慢できない大泉さんらの姿も映し出されている。

『新解釈・三國志』は12月11日(金)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top