ダイアナ・ロスとの恋のきっかけが明かされる『メイキング・オブ・モータウン』本編映像

「モータウン」創設者のベリー・ゴーディJr.が初めて密着を許可した、ドキュメンタリー映画『メイキング・オブ・モータウン』から、ベリーがダイアナ・ロスとの恋について明かすインタビューシーンの一部が到着。

映画 洋画ニュース
ベリー・ゴーディ 『メイキング・オブ・モータウン』(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved
  • ベリー・ゴーディ 『メイキング・オブ・モータウン』(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved
  • 『メイキング・オブ・モータウン』(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved
  • 『メイキング・オブ・モータウン』(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved
伝説の音楽レーベル「モータウン」創設者のベリー・ゴーディJr.が引退直前に初めて密着を許可した、ドキュメンタリー映画『メイキング・オブ・モータウン』。今回、ベリーが映画『ドリームガールズ』でも描かれたダイアナ・ロスとの恋について明かすインタビューシーンの一部が到着した。

>>『メイキング・オブ・モータウン』あらすじ&キャストはこちらから

1960~70年代、モータウンの黎明期から隆盛期をモデルに描かれた映画『ドリームガールズ』。ジェイミー・フォックスが演じた役のモデルがベリー・ゴーディで、ビヨンセ・ノウルズが演じた役のモデルは、「スプリームス」のメンバーだったダイアナ・ロスだったとされている。映画劇中で描かれていた様に、実際に結婚と離婚を3回繰り返したベリー・ゴーディとダイアナ・ロスは恋人同士だった。

『メイキング・オブ・モータウン』(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved
「スプリームス」は、ベリーの強力なプッシュの元、1964年に「愛はどこへ行ったの」で初の全米1位を獲得すると、シングルが5作連続で全米1位を獲得。黒人グループとして初めて「エド・サリバン・ショー」に出演するなど、全米トップクラスのアーティストとなった。

1967年には、ベリーのあまりのダイアナをゴリ押しするやり方に、「スプリームス」のメンバーだったフローレンス・バラードがアルコール中毒になったこともあり解雇に至る事件もあった。映画本編では、当時のモータウンにとってダイアナを中心とした「スプリームス」が、いかに大きな存在だったのかが貴重なライブ映像とともに綴られている。


この度到着した本編映像でベリーがふり返るのは、マンチェスターでのステージ。初めて「You’re Nobody Till Somebodhy Loves You」を披露した「スプリームス」。そのステージにベリーは手応えを感じるが、観客の反応が悪かったため、ダイアナはベリーに「二度と歌わない」と宣言する。

信頼関係を壊すダイアナの発言に怒りを感じたベリーは、「ホールの観客と俺のどちらかを選べ」と言葉を投げる。その上で彼女がとった行動とは!? 2人が親密になるきっかけを思い出すベリーの貴重なシーンとなっている。

『メイキング・オブ・モータウン』は9月18日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top