『君の名前で僕を呼んで』『キャロル』など“恋に落ちる”名作上映『マティアス&マキシム』公開記念

『マティアス&マキシム』の公開を記念し、『君の名前で僕を呼んで』『キャロル』『ムーンライト』『あと1センチの恋』を「恋に落ちる名作」として特集上映。

映画 洋画ニュース
グザヴィエ・ドラン監督最新作『マティアス&マキシム』の公開を記念し、『君の名前で僕を呼んで』『キャロル』『ムーンライト』『あと1センチの恋』の豪華4作品を「恋に落ちる名作」として特集上映することになった。

>>『マティアス&マキシム』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、幼なじみの青年の友情と揺れる恋心に焦点を当てた青春ラブストーリー。溢れ出る愛おしさ、触れたい衝動、相手を追いかける眼差しなど、スクリーンに映し出される全てが「恋」そのものを物語る新たな傑作。

この公開を記念して、これまでファントム・フィルムが配給してきた愛の名作を集めた特集上映企画「4夜連続上映 恋に落ちる名作」を東京と大阪で同時に開催。ラインアップは本作を描くうえでドランがインスパイアされたと公言している『君の名前で僕を呼んで』をはじめ、『キャロル』『ムーンライト』『あと1センチの恋』の豪華4作品。

『君の名前で僕を呼んで』(C)Frenesy, La Cinefacture『君の名前で僕を呼んで』
本作『マティアス&マキシム』では幼なじみであるマティアスとマキシムが偶然のキスをきっかけに互いへの想いに気づきはじめる。ポスタービジュアルにもなっているこのキスが、2人にとってまさにその瞬間。

『マティアス&マキシム』 (C)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL『マティアス&マキシム』
『君の名前で僕を呼んで』では初めての身を焦がすような経験が、『キャロル』では惹かれ合っていても世間に許されない関係が、『ムーンライト』では消し去ることのできない秘めたる恋心が、『あと1センチの恋』では近すぎて言えない本当の想い…と、それぞれの形で“恋に落ちる瞬間”、そして誰かを好きになることの切なさと歓びが鮮烈に描かれている。様々な愛の形を描いた映画ファンの記憶に残る、いずれも忘れられない名作ラブストーリー4本となっている。

『マティアス&マキシム』は9月25日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

『マティアス&マキシム』公開記念!4夜連続上映「恋に落ちる名作」

<料金>一般・大学生・シニア1,100円、高校生以下1,000円、以下サービス料金適用、招待券可
<上映劇場>東京 新宿ピカデリー/大阪 大阪ステーションシティシネマ
<上映スケジュール>
9月14日(月)『君の名前で僕を呼んで』
9月15日(火)『あと1センチの恋』
9月16日(水)『キャロル』
9月17日(木)『ムーンライト』
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top