※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

『ミッドサマー』『ヘレディタリー』から『ムーンライト』まで「A24」7作品を特集放送

アリ・アスター監督の最新作『ボーはおそれている』の劇場公開に合わせ、アリ・アスター監督の代表作と「A24」配給作品が、洋画専門チャンネル ザ・シネマで特集放送する。

映画 洋画ニュース
注目記事
『ヘレディタリー/継承』 © 2018 Hereditary Film Productions, LLC
  • 『ヘレディタリー/継承』 © 2018 Hereditary Film Productions, LLC
  • アカデミー賞を席巻するアリ・アスター監督とA24特集
  • 『ヘレディタリー/継承』© 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
  • 『ライトハウス』© 2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.
  • 『ムーンライト』© 2016 A24 Distribution, LLC
  • 『カモン カモン』© 2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.
  • 『MEN 同じ顔の男たち』© 2022 MEN FILM RIGHTS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』© 2017 FLORIDA PROJECT 2016, LLC.

アリ・アスター監督の最新作『ボーはおそれている』の劇場公開に合わせ、アリ・アスター監督の代表作と「A24」配給作品が、洋画専門チャンネル ザ・シネマで特集放送される。

近年のアカデミー賞で大きな存在感を見せている、いま最も旬なアメリカのインディペンデント系映画スタジオ「A24」。

いまや世界が注目するこのスタジオから、『ヘレディタリー/継承』『ミッドサマー』を発表して一躍、現代の寵児となったアリ・アスター監督の新作『ボーはおそれている』が2月16日(金)より公開。

ザ・シネマではアリ・アスター監督の代表作2作、ホアキン・フェニックス主演の『カモン カモン』を含む「A24」配給作品を7作品、2月14日(水)~16日(金)の期間に特集放送する。


『ミッドサマー』(★アリ・アスター監督作品)


放送日:2月15日(木)23時15分~ほか

[R15+]想像を絶する悪夢と狂気!スウェーデンで開かれる恐るべき宗教儀式を描く

米国の女子学生ダニー(フローレンス・ピュー)は、躁うつ病を患う妹が両親を巻き添えに無理心中するという悲劇に見舞われ、そのショックから立ち直れずにいた。そんなある日、恋人のクリスチャンが男友達とスウェーデンの田舎で行われる夏至祭に行くと知り、その旅に同行することに。

一行は留学生ペレの故郷で90年に1度行われる夏至祭へ参加し、村の住人たちから歓迎を受ける。だが、翌日から幕を開けた夏至祭は次第に不穏な空気に包まれていくーー。


『ヘレディタリー/継承』(★アリ・アスター監督作品)


放送日:2月15日(木)21時~ほか

[PG12]亡き祖母から“何か”を受け継いだ家族の運命は?邪悪な呪いに背筋が凍る…

夫と子ども2人と暮らすミニチュアジオラマ作家アニー(トニ・コレット)は、長年微妙な関係にあった母エレンを亡くす。葬儀を終えたアニーが遺品の収められた箱を開いたところ、「私を憎まないで」と書かれた母のメモを見つける。

一方、一家の周りでは異様な出来事が続発し、エレンに溺愛されていた末娘チャーリーの奇行も目立つようになる。そんなある夜、取り返しのつかない悲劇が一家に起こり、絶望したアニーは情緒不安定になっていく。


『ライトハウス』 CSベーシック初放送


放送日:2月15日(木)17時~ほか 

[R15+]灯台を守る男たちを悪夢が襲う…新鋭ロバート・エガースが放つ戦慄のサスペンス

1890年代のニューイングランド。ベテランのトーマス(ウィレム・デフォー)と若いイーフレイム(ロバート・パティンソン)の2人は、灯台守を4週間務めるために小さな孤島へ派遣される。トーマスが灯台の灯り番を譲らず、面倒な雑用をすべて押し付けるため、イーフレイムはストレスを募らせる。

それでも何とか島での生活に慣れていき、2人は少しずつ打ち解けていくかに思えたが、任期が終了する日に嵐に見舞われてしまい、迎えの船はやって来ず2人は島に孤立する。


『ムーンライト』


放送日:2月14日(水)23時~ほか

[R15+]自分らしさと愛を探し求める…アカデミー賞3部門に輝く人間ドラマ

マイアミの貧困地域で、麻薬依存の母親と2人で暮らすシャロンは、学校では“リトル”というあだ名でいじめられる気弱な少年。そんな彼にとっての心の支えは、何かと気にかけてくれる父親的存在の麻薬売人フアンと、唯一親しい友人ケヴィンだけだった。ところが高校生になったある日、いじめっ子に対する過剰防衛でシャロンが逮捕され、2人は離れ離れに。

そして大人に成長し麻薬売人になったシャロンの元に、ケヴィンから連絡が入る。


『カモン カモン』


放送日:2月15日(木)深夜2時~ほか

9歳の甥と絆を結んでいく…監督の実体験から生まれたホアキン・フェニックス主演作品

ニューヨークのラジオ局で働くジャーナリストのジョニーは、ロサンゼルスに住む妹ヴィヴが数日間家を空けることになり、9歳の甥ジェシーの面倒を見るよう頼まれる。独身のジョニーは子どもと2人きりの共同生活に戸惑いながら、何でもストレートに質問する好奇心旺盛なジェシーとの距離を少しずつ縮めていく。

そんな中、ヴィヴの不在が長引いてしまい、ラジオ局の取材予定があるジョニーはジェシーを連れてニューヨークへ戻る。


『MEN同じ顔の男たち』


放送日:2月15日(木)19時~ほか

[R15+]田舎町で出会う男たちは同じ顔ばかり…『エクス・マキナ』監督が放つ衝撃スリラー

夫ジェームズの自殺を目撃してしまったハーパー(ジェシー・バックリー)は、心に負った傷を癒やすため、田舎の豪華なカントリーハウスで休暇を過ごすことに。管理人ジェフリーの出迎えを受けた後に散歩していると、廃屋のそばで全裸の男性と出会い、その翌日も男はカントリーハウスの庭に侵入。

ショックを受けたハーパーが気分を変えるため町を散歩したところ、ある異常さに気づく。少年や牧師など出会う男たちが全員ジェフリーと同じ顔だったのだ…。


『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』


放送日:2月16日(金)15時~

“夢の国”の隣に広がる貧困の実態…アメリカの格差社会をリアルに描き出す

シングルマザーのヘイリーと6歳の少女ムーニーは、フロリダ州ディズニーワールドの近くに建つ安モーテル「マジック・キャッスル」で暮らしている母子。やんちゃなムーニーは同じモーテルに住む子どもたちと一緒にいたずらを繰り返し、支配人ボビーの手を焼かせていた。

一方、定職を持たないヘイリーは化粧品を売り歩く仕事を始め、ホテル代を稼ごうとする。それでも生活は困窮し、ついにはモーテルの部屋で売春を始めてしまう。

「『ボーはおそれている』公開記念 アカデミー賞を席巻するアリ・アスター監督とA24特集」は2月14日(水)~16日(金)ザ・シネマにて放送。

『ボーはおそれている』は2月16日(金)より全国にて公開。



LAMB/ラム(字幕版)

(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ディック・ロングはなぜ死んだのか?(字幕版)
¥400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top