【インタビュー】尾上松也“主役の椅子”を取るため、飛び込んだエンタメの世界「死ぬまでチャレンジ精神」

歌舞伎はもとより、映像作品やミュージカル、バラエティー番組と躍進が続く裏には、知られざる努力もあった。松也さんの語ってくれた経験は、若手俳優たちの奮起のひとさじになるに違いない。

最新ニュース インタビュー
尾上松也「主役の椅子はオレの椅子」./photo:cinemacafe.net編集部
  • 尾上松也「主役の椅子はオレの椅子」./photo:cinemacafe.net編集部
  • 尾上松也「主役の椅子はオレの椅子」./photo:cinemacafe.net編集部
  • 「主役の椅子はオレの椅子」(C)AbemaTV,Inc.
  • 尾上松也「主役の椅子はオレの椅子」./photo:cinemacafe.net編集部
  • 尾上松也「主役の椅子はオレの椅子」./photo:cinemacafe.net編集部
  • 尾上松也「主役の椅子はオレの椅子」./photo:cinemacafe.net編集部
  • 尾上松也「主役の椅子はオレの椅子」./photo:cinemacafe.net編集部
  • 尾上松也「主役の椅子はオレの椅子」./photo:cinemacafe.net編集部
歌舞伎俳優・尾上松也が、ABEMAにて記念すべき初MCを務めるオーディション番組「主役の椅子はオレの椅子」が9月16日(水)22時より配信スタートとなる。19人の若手俳優たちが、舞台の「主役の椅子」を勝ち取るため、毎日オーディションに挑み、さらには共同生活も送るという内容で、熾烈なバトルが繰り広げられることが想像できる。

「主役の椅子はオレの椅子」(C)AbemaTV,Inc.
「もしこの話が来ても…受けません(笑)」と笑顔を交えて話す松也さんだが、彼らと同じ年端の頃は歯を食いしばり、自分の生きる道を必死に模索していたという。歌舞伎はもとより、映像作品やミュージカル、バラエティー番組と躍進が続く裏には、知られざる努力もあった。松也さんの語ってくれた経験は、若手俳優たちの奮起のひとさじになるに違いない。

俳優同士の熾烈なサバイバル・オーディション番組「話が来ても、受けない(笑)」


尾上松也「主役の椅子はオレの椅子」./photo:cinemacafe.net編集部
――主役の座をかけてサバイバル生活をするというオーディション番組が始まります。内容を聞いたとき、どう感じましたか?

松也:19人の俳優がともに生活をして、オーディションを受けて、舞台の主演から何かをつかもうとする、という内容なんですよね。自分は、歌舞伎をはじめ舞台が中心なものですから、最初「舞台の主演を競い合う」ことに、すごく魅力を感じました。少なからず、同じ演劇というものを志す人間として、どのような感じで挑戦するのかを見てみたいな、と思ったんです。

――松也さんは、もはやオーディションを受けることはないと思いますが、演劇人として、俳優の先輩として、MCとして、いろいろな気持ちでご覧になりそうですか?

松也:そうですね。僕も若い頃には、歌舞伎以外の分野で、オーディションを何度も受けていましたから。この番組に出る方たちは、10代ないし20代前半が中心ですけれど、板の上に立ったときの燃えたぎる情熱は、たぶんどんな立場になっても変わらないですし、逆に言うと忘れてはいけないこと。ですので、単純にドキュメンタリー番組として面白いところもありますが、僕自身は、この番組を通じて、かつて自分がオーディションを受けたときのことを思い返しながら、自分自身のこれまでの役者人生とこれからの考え方が変わるのかななど、照らし合わせながら見ていきたい気持ちです。

尾上松也「主役の椅子はオレの椅子」./photo:cinemacafe.net編集部
――実際、その年の頃にこのお話がきていたら、受けていたと思います?

松也:いや…これはきついです(笑)。僕なら絶対心が折れるから、もしこのお話しが来ても、僕は受けません(笑)。オーディションは受けに行きましたけど、この「一緒に生活する」ことが過酷だと思う。ただ生活するだけではなく、毎日誰かが落とされていくのでね…。偏見かもしれませんが、芸能活動をする人方、特に第一線で活躍されている方の多くは我が強いですし、そういう方が生き抜いていかれる世界だと思うんです。それで言うと、団体行動に向いている人は早々いないと思いますし、僕自身も決して向いていない(笑)。だから、19人の皆さんは参加を決めただけで本当にリスペクトですよ。

《text:赤山恭子》

特集

関連記事

特集

page top