妻夫木聡の“眼鏡姿”、吉高由里子の“謎の女”ぶりを賞賛する声「危険なビーナス」1話

妻夫木聡主演で東野圭吾の原作をドラマ化するTBS新日曜劇場「危険なビーナス」が10月11日から放送開始。妻夫木聡の“眼鏡姿”と、吉高由里子の“謎の女”ぶりに多くの反響が寄せられている。

最新ニュース スクープ
「危険なビーナス」第1話 (C) TBS
  • 「危険なビーナス」第1話 (C) TBS
  • 「危険なビーナス」第1話 (C) TBS
  • 「危険なビーナス」第1話 (C) TBS
  • 「危険なビーナス」第1話 (C) TBS
  • 「危険なビーナス」第1話 (C) TBS
  • 「危険なビーナス」第1話 (C) TBS
  • 「危険なビーナス」第1話 (C) TBS
  • 「危険なビーナス」第1話 (C) TBS
妻夫木聡主演で東野圭吾の原作をドラマ化するTBS新日曜劇場「危険なビーナス」が10月11日から放送開始。妻夫木聡の“眼鏡姿”と、吉高由里子の“謎の女”ぶりに多くの反響が寄せられている。

妻夫木さん16年ぶりのTBS連続ドラマ主演となる本作は、とある失踪事件をきっかけに、主人公獣医が巨額の遺産をめぐる謎に挑む壮大なミステリー作で、「新参者」以来10年ぶりに日曜劇場で東野氏の小説がドラマ化される点にも注目が集まっている。

池田動物病院の院長代理として勤務する獣医で、父の死により連れ子として矢神家の一員となったため肩身の狭い思いをして生きていた手島伯朗に妻夫木さん。


海外で明人と出会い結婚、明人の父が危篤だと聞き2人で帰国するが、直後に明人が失踪したため、伯朗のもとを訪れ明人を一緒に捜して欲しいと願い出る“謎の女”楓に吉高由里子。

連れ子として矢神家にやって来た伯朗のことを昔から見下し、挑発してくる嫌味な矢神家の養子で若手実業家の矢神勇磨にディーン・フジオカ。


伯朗の母と再婚相手との間にできた伯朗の異父弟で、30億ともいわれる遺産を相続する権利を持ち、アメリカで人工知能を生かした仕事をしている矢神明人に染谷将太。

池田動物病院で伯朗の助手を務める動物看護師の蔭山元美に中村アン。また堀田真由、結木滉星、斉藤由貴、小日向文世らも出演する。

広告の後にも続きます

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
1話は伯朗の動物病院に楓が現れ、明人が行方不明で一緒に探して欲しいと話し、さらに矢神家の現当主で伯朗の母・禎子の再婚相手である康治(栗原英雄)が危篤だと告げる。楓は、明人が相続権を持つ30億ともいわれる八神家の遺産を狙う親族が拉致したのでは? と考え、明人が失踪したことを隠し八神家に乗りこもうと提案するが、伯朗は矢神の家では連れ子として肩身の狭い思いをしてきており、母の死後は一族と疎遠になっていた。八神家で遺産を管理する波恵(戸田恵子)から次回の親族会に参加するよう言われる伯朗と楓。


そして次の親族会の日、楓は八神家の地下室に閉じ込められてしまう。祥子の実弟・牧雄(池内万作)が“開かずの間にもっと価値のある物がある”と叫ぶのを聞いた楓は、彼を呼び出すが、楓のもとに向かう牧雄を何者かがエスカレーターから突き落とす…というのが1話のあらすじ。


放送後のSNSでは「危険なビーナスの伯朗役はハマってて良い」「メガネかけた妻夫木聡めっっちゃかっこいいな」など、眼鏡姿の妻夫木さんに大きな反響が巻き起こる。


また吉高さんにも「こういう、ちょっとミステリアスな役、似合うなぁ」「怪しさが拭えない感じの演技がとても良い」と“謎の女”ぶりを賞賛する声が多数寄せられている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top