北村匠海も「楽しみ」大ヒット中の「猫」ドラマ化へ!小西桜子&前田旺志郎が主演

あいみょん作詞作曲、ダンスロックバンド「DISH//」の大ヒット配信シングル「猫」を原案に連続ドラマ化が決定。

最新ニュース スクープ
DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」(C)「猫」製作委員会
  • DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」(C)「猫」製作委員会
  • 小西桜子(金子みねこ役)(C)「猫」製作委員会
  • 前田旺志郎(天音光司役)(C)「猫」製作委員会
  • DISH// (C)「猫」製作委員会
あいみょん作詞作曲、ダンスロックバンド「DISH//」の大ヒット配信シングル「猫」を原案に連続ドラマ化が決定。これまで楽曲をテーマに描かれてきた作品は多々あるが、連続ドラマ化となるのは異例。

アーティストによる一発撮りのパフォーマンスを配信するYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にて、シンガーソングライター・あいみょんが作詞作曲を担当し「DISH//」(北村匠海)が歌う「猫」は、3月に公開されると約半年で6000万回再生を突破。

また、この収録のために「DISH//」メンバーがアレンジしたアコースティックバージョン「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」が4月29日に配信されると反響を呼び、現在ではオリジナルバージョンの「猫」と合算で配信総再生回数1億回を突破する大ヒットに。SNSでは「泣ける」「毎日聴きに来てしまう」と大きな話題となっている。

DISH// (C)「猫」製作委員会
今回公開となる連続ドラマは、その「猫」を原案とする物語。脳に腫瘍があり余命宣告を受け自らの死と向き合う女性・金子みねこと、やりたいことや夢もなくその日暮らしの生活を送るフリーター・天音光司。1匹の“猫”をきっかけに出会い、カップルとなった2人の“いつもと同じ帰り道”を通して、男女それぞれの視点で描く切なくも温かいラブストーリー。

大の猫好きだが猫アレルギーを持っており、ペットのトリミングサロンで働きながら自らの死と向き合う女性・金子みねこを演じるのは、窪田正孝主演映画『初恋』での熱演が話題となった小西桜子。「死にたい夜にかぎって」や「年下彼氏」「映像研には手を出すな!」など今年だけで計9作品の映画やドラマに出演する、いま大注目の俳優だ。

小西桜子(金子みねこ役)(C)「猫」製作委員会
そして、親に内緒で大学を辞めてしまい家を追い出されて、その日暮らしの生活を送るフリーター・天音光司を演じるのは、前田旺志郎。映画『海街diary』や大河ドラマ「いだてん」「MIU404」「荒ぶる季節の乙女どもよ。」など数多くの話題作に出演し、舞台でも活躍する実力派俳優。2人は本作で地上波連続ドラマ初主演を飾る。

前田旺志郎(天音光司役)(C)「猫」製作委員会
さらにドラマの主題歌を飾るのは、もちろん「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」。「この曲を初めて聴いた時に、浮かび上がってくる物語や情景に、心が動かされた感覚を忘れられません」と語る小西さんは、「このドラマを通して、金子みねこというひとりの人間として、『猫』から生まれたひとつの物語の一部になれること。驚きとともに、こんなにも素晴らしい機会をいただけて本当に嬉しく思います」とコメント。

広告の後にも続きます
「みねこと光司の、2人のありふれた日常的なやり取りの中に、その一瞬一瞬の尊さをしっかりと感じながら、ひとつひとつを大切に、私らしいみねこを生き抜きたい」と意気込む。

また、前田さんも「猫」について「すごく好きでドラマ化するというだけでも嬉しいの、まさか自分が作品に関われるなんて...!!」と喜びのコメント。「何気ないシーンから物語にとってキーとなるシーンまで、全てをみねこと大切に積み上げ、見てくださる皆さんの心にその一つ一つをどれだけ刻んでいけるかが、物語の最後に皆さんが感じることの大きさに比例すると思います」と、役柄への取り組みを真摯に語った。

DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」(C)「猫」製作委員会
「DISH//」の北村さんは、「まさか自分たちの楽曲が物語となって届けられる日が来るとは」と驚きを隠せない様子。「儚くて切なくて愛しい物語です。ドラマとともに『猫』という楽曲をさらに愛して頂けたら嬉しいです。僕も楽しみ」と期待を寄せている。

ドラマ25「猫」は11月13日より毎週金曜深夜0時52分~テレビ東京、テレビ大阪ほかにて放送。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top