『フェイフェイと月の冒険』世界的デザイナーが手掛ける衣装の秘密とは?

“月の女神の伝説”を信じる少女フェイフェイの夢と感動のファンタジー・アドベンチャー『フェイフェイと月の冒険』が10月23日(金)より配信中。この度、リアルとアニメーションが融合した特殊な衣装デザインの秘密が明かされるコメントが到着した。

映画 洋画ニュース
Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』独占配信中
  • Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』独占配信中
  • 『フェイフェイと月の冒険』独占配信中
“月の女神の伝説”を信じる少女フェイフェイの夢と感動のファンタジー・アドベンチャー『フェイフェイと月の冒険』が10月23日(金)より配信中。この度、リアルとアニメーションが融合した特殊な衣装デザインの秘密が明かされるコメントが到着した。

>>『フェイフェイと月の冒険』あらすじ&キャストはこちら

『美女と野獣』『塔の上のラプンツェル』などを手掛けてきたアニメーター、グレン・キーンが監督を務める本作。“月の女神チャンウー”の衣装デザインを手掛けたのは、毎年ニューヨークで行われる世界的ファッションの祭典「メットガラ」の2015年大会において、リアーナの超ロング丈のゴールドドレスを手掛けたことで世界中の注目を浴びたファッションデザイナーのグオ・ペイ。

彼女は今作で初めてアニメキャラクターの衣装を担当。チャンウーは、フェイフェイが幼い頃から会いたいと願ってきた月に住む伝説の女神で、存在自体が浮世離れしたキャラクターだ。グオ・ペイは、アニメーションの仕事をすることが幼い頃の夢だったそうで「キーン監督は突飛なアイデアも含めて私の考えをすべて受け入れ、無限のイマジネーションを与えてくれたんです」と自由な発想で挑むことができたとふり返る。

一方、キーン監督は「ペイは衣装ごとのパターンや生地のサンプルに加えて、縫製して実際のモデルが着用できるほど正確な刺繍のデザインさえも提供してくれました。出来はもちろん素晴らしかったです」「ペイが出してくれたデザインを、針と糸で縫い合わせる代わりに、デジタルで縫製や刺繍を施しました」と特殊なアプローチを明かした。

そしてこのチャンウーは、過去に愛する男性ホウイーと共に暮らしていたが、ある出来事をきっかけに離れ離れになり、彼女は彼を待ちながら月で孤独に暮らしている…という悲しい背景がある。

キーン監督は「ペイは、ストーリーテリングをチャンウーが着ているローブの刺繍に込めたんです。2羽の絡み合う鳥の刺繍で、チャンウーとホウイーの愛の物語を表現しています。その刺繍が背中側に配置されることで、チャンウーがそれを目にすることは永遠にない、という哀切なタッチのデザインになっているんです」とキャラクターの内面の要素もデザインに込めたと説明。

広告の後にも続きます
その出来栄えについては「ペイが生み出した衣装の色・形・生地は、必ず観客を驚かせてくれるはずです」と自信をみせている。

Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』は独占配信中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top