『美女と野獣』『アラジン』のアニメーターが長編初監督! Netflix『フェイフェイと月の冒険』配信

ディズニー・アニメーションの大ヒット作『美女と野獣』『アラジン』『塔の上のラプンツェル』などを手掛けたアニメーター、グレン・キーンが初めて長編監督を務める『フェイフェイと月の冒険』がこの秋、「Netflix」にて配信される。

映画 洋画ニュース
Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』今秋独占配信開始
  • Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』今秋独占配信開始
ディズニー・アニメーションの大ヒット作『美女と野獣』『アラジン』『塔の上のラプンツェル』などを手掛けたアニメーター、グレン・キーンが初めて長編監督を務める『フェイフェイと月の冒険』がこの秋、「Netflix」にて配信される。

物心ついた頃からいまは亡き母が語る“月には女神がいる”という伝説を信じ続けてきた少女フェイフェイ。科学が大好きな彼女は、家族を巡る様々な悩みを抱えつつも、月の女神の伝説を証明するために自らの手で宇宙船を作り、ウサギのバンジーと共に月へと向かうことを決意。そしてたどり着いた月の世界。そこには不思議な王国や幻想的な生き物たち、そして思いがけない冒険が待ち受けていた――。

本作は、様々な予期せぬ困難にも勇気を持って立ち向かい、夢をあきらめずに生きることの大切さを教えてくれる、夢と感動のファンタジーアドベンチャー。

監督を務めたキーンは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオで40年近く第一線で活躍し続けてきたアニメーション界の巨匠。『リトル・マーメイド』では主人公アリエルのキャラクターデザイナーを、『美女と野獣』『アラジン』『ターザン』などではスーパーバイジング・アニメーターを、そして『塔の上のラプンツェル』では製作総指揮も務めるなど、数多くのディズニーキャラクターを生み出してきた。

また共同監督を務めるのは、初監督作『紙ひこうき』で第85回アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したジョン・カース。少女フェイフェイの声を、元々は仮歌のレコーディングメンバーとして参加する予定だったが、そこで見せたパフォーマンスの素晴らしさにより今回大抜擢となったキャシー・アン。さらに、ミュージカル「ハミルトン」でトニー賞ミュージカル主演女優賞にノミネートされたフィリッパ・スーも参加している。

配信決定と同時に、フェイフェイの月への情熱が感じられる予告編も到着。幼い頃から母が語る“月の女神の伝説”を聞いて育ったフェイフェイは、成長しても伝説を信じ、研究を重ね、ついに宇宙船を完成させる。しかし、不具合により急降下…と思いきや、不思議な光によって助けられる。


メインテーマでもある「ロケット・トゥ・ザ・ムーン」(原題)の美しい歌声、そしてウサギのバンジーのキュートな動きにも注目だ。

Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』は今秋、Netflixにて独占配信開始予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top