シム・ウンギョンの演技に「鳥肌立った」「惹きつけられた」miletの主題歌にも感動の声…「七人の秘書」3話

木村文乃らが演じる秘書たちが“影の軍団”を結成、悪を成敗する「七人の秘書」の3話が11月5日放送。シム・ウンギョン演じるサランがフィーチャーされた今回。シムさんの演技に改めて賞賛の声が上がるとともに主題歌「The Hardest」にも多くの反応が集まっている。

最新ニュース スクープ
「七人の秘書」第3話 (C) テレビ朝日
  • 「七人の秘書」第3話 (C) テレビ朝日
  • 「七人の秘書」第3話 (C) テレビ朝日
  • 「七人の秘書」第3話 (C) テレビ朝日
木村文乃らが演じる秘書たちが“影の軍団”を結成、悪を成敗する「七人の秘書」の3話が11月5日放送。シム・ウンギョン演じるサランがフィーチャーされた今回。シムさんの演技に改めて賞賛の声が上がるとともに主題歌「The Hardest」にも多くの反応が集まっている。

本作は目立たぬことを極意とし、要人に仕える“秘書”たちとその元締めとなる“影の男”が、副業の人助けで金や権力にまみれた非情な支配者たちを一掃していく新時代の痛快ドラマ。「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズや「ハケンの品格」の中園ミホが脚本を担当する。

木村さんが東都銀行の派遣秘書・望月千代を演じるほか、広瀬アリスが前の頭取に寵愛を受けていた秘書の照井七菜に、菜々緒が武術、身体能力に秀でた警視庁秘書の長谷不二子に、シム・ウンギョンがハッカーの能力も持つ病院秘書のパク・サランに、大島優子がホテルオーナー令嬢にして都知事秘書も務める風間三和に、室井滋が政治家の私設秘書をしていた情報屋・鰐淵五月に、江口洋介が彼女たちを束ねるラーメン店「萬」店主の萬敬太郎に扮する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
4話ではサランが勤務する慶西大学病院で、内科医・三好麻里(松本若菜)が、患者から現金の入った菓子折りを受け取ったと疑われ謹慎処分となる。菓子折りは病院長・西尾忠彦(大和田伸也)の指示で、サランが発注したもの。身に覚えがないという麻里の話から、彼女が出世争いに巻き込まれはめられたと考えるサラン。西尾は息子の直哉(忍成修吾)を内科部長にするために麻里を失脚させようとしていた。

麻里を助けようと秘書たちが動き出し、院長が医大の不正入試に関わっていたことが暴露され、いったん懲戒解雇までされた麻里も病院に復帰する…というストーリーが展開。

そしてラストでは、サランが家が貧しかったため医大への道をあきらめていたこと。医師である父に会うために日本にやってきたことなどが回想シーンで明かされる。復帰した麻里を見つめながら、医者になっていたかもしれない自分の姿を想像するサラン。そんなサランに敬太郎は「サランは医者じゃなくても人を救ってるよ」と言葉をかける…。


「江口洋介の「サランは医者じゃなくても人を救ってるよ」の台詞を受けてのシム・ウンギョンの泣きそうで嬉しそうで、どこか誇らしそうでもある表情の演技が素晴らしい。鳥肌立った」「シムさんの演技力がとてもすごい。演じていると感じさせない自然な雰囲気なのに、目の動きだったり小さな仕草や声の抑揚からサランちゃんの人物像が伝わってきて、グッと惹きつけられた」など、SNSにはシムさんの演技を絶賛する声が続々と投稿。

広告の後にも続きます
また「サランさんの過去のシーンで流れるThe Hardestが感動してうるっとしちゃいました」「今日はとくにThe Hardestがサランにそっと寄り添っている感じで涙」など、miletが歌う主題歌「The Hardest」にも感動の声が相次いで寄せられている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top