のん×大九明子監督『私をくいとめて』東京国際映画祭で観客賞受賞

のん主演、綿矢りさの小説を大九明子監督が映画化した『私をくいとめて』が、「第33回東京国際映画祭」TOKYOプレミア2020部門にて観客賞を受賞したことが分かった。

映画 邦画ニュース
『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
  • 『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
  • 『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
  • 『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
  • 『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
  • 『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
  • 『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
  • 『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
  • 『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
のん主演、綿矢りさの小説を大九明子監督が映画化した『私をくいとめて』が、「第33回東京国際映画祭」TOKYOプレミア2020部門にて観客賞を受賞したことが分かった。

>>『私をくいとめて』あらすじ&キャストはこちらから

従来の「日本映画スプラッシュ」、「アジアの未来」、「コンペティション部門」が統合された今年限定の部門となる「TOKYOプレミア2020」。32作品(欧米10、アジア12本、日本10本)が上映され、同部門の全作品を対象とした観客賞が設けられている。授賞式には、今回が史上初の2度目の受賞を果たした大九監督とのんさんが登壇。

『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
大九監督は「素晴らしい賞を頂戴させていただき、本当にありがとうございます。観客賞を頂戴するのは嬉しいことに、私とスタッフは(『勝手にふるえてろ』に続き)2度目になりますが、その三年前と世界はまったく違っていて、映画祭もそのころとはまったく違う形となりました。さまざまな映画祭がリモート配信だけで行う中、東京国際映画祭は実際にお客さまをお入れして、一緒にスクリーンで見るという体験を実現させたことは、本当に素晴らしいことだと思います」と特別な思いを述べる。

『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
また、劇中で脳内に相談役を持つみつ子を演じたのんさんも「観客の皆さんに応援いただいた作品ということで、嬉しく思っています。私ごとではありますが、この作品で何年振りかに主役として大九監督に呼んでいただき、この映画に参加させていただけたことに心から喜びでいっぱいです」と思いを明かす。

『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
本作は12月公開予定と、観られるのはまだ少し先。のんさんは「観ていただいた皆さんと一緒にこの映画を一緒に盛り上げていけたらと思いますので、面白いと思っていただいた方には、ぜひ、SNSでの口コミや周りのお友達にオススメしていただけたら嬉しいなと思います。たくさんの方に観ていただけるよう、一緒に頑張りましょう!ありがとうございました」と呼びかけた。

『私をくいとめて』東京国際映画祭(C)2020 TIFF
さらに今回の受賞を受けて、本作に出演している林遣都と橋本愛からもコメントが到着。

広告の後にも続きます
みつ子が恋する腹ペコ年下男子・多田くん役の林さんは「この度は観客賞受賞の連絡を聞きとても驚いております。劇場に足を運んで投票してくださった皆様、この度は心より感謝申し上げます。ありがとうございます。そして大九監督おめでとうございます!この作品の細部に散りばめられた監督やスタッフの皆さんの強いこだわり、そして情熱が多くの人に届いたんだなと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです」と心境を語る。

みつ子の親友・皐月を演じた橋本さんは「見てくださった皆様のお力添えに感謝します。この映画も、自分にとっても、映画界全体も、良き未来を作り上げていくために、大きな一歩になったと思っています。何より楽しんでいただけたことが、心から嬉しいです」と感謝と喜びのコメントを寄せている。

『私をくいとめて』は12月18日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top