林遣都、20代と30代をつないだ「姉恋」吉岡真人との出会い…そして2021年は?

俳優・林遣都が「20代最後の役」であり「30代最初の役」でもあると語った火9ドラマ「姉ちゃんの恋人」。では、彼の来る2021年は?

最新ニュース コラム
林遣都
  • 林遣都
  • 「姉ちゃんの恋人」最終話 (C) カンテレ
  • 「姉ちゃんの恋人」最終話 (C) カンテレ
  • 『私をくいとめて』(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
  • 『私をくいとめて』(c)2020「私をくいとめて」製作委員会
  • 『私をくいとめて』(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
  • 「スカーレット」会見写真
  • 「世界は3で出来ている」(C)フジテレビ
俳優・林遣都が「20代最後の役」であり「30代最初の役」でもあると語った火9ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系)が、大団円で終了した。彼が演じた吉岡真人は主人公・桃子(有村架純)からたくさんの笑顔をもらい、前を向いて変わっていける強さを手に入れた。

この真人役は脚本家・岡田惠和による、林さんをイメージした“当て書き”。優しくも力強い眼差しと、そこにふと落ちる影。かといって決して冷たさはなく、内に秘めた情の深さ、熱量や強い意志、ときに無邪気ささえも醸し出す“姉ちゃんの恋人”真人の佇まいは林さんそのもの。そんな真人を演じた同作は林さん自身にとって思い出深い作品となったように、ファンにとっても、エンタメが停滞してしまった2020年を振り返るときに必ず思い出す作品となるだろう。

そして、来る2021年は待機作が目白押し。今度は一体、どんな姿を見せてくれるのだろうか?

朝ドラから「おっさんずラブ」『HiGH&LOW』まで、素晴らしき振り幅


12月6日、「姉ちゃんの恋人」撮影中に30歳の誕生日を迎えた林さん。同作でもピッチングを披露するシーンがあったが、中学時代にスカウトされると野球経験を生かし映画『バッテリー』(2007)でデビュー。第31回日本アカデミー賞や第81回キネマ旬報ベスト・テンなど多数の映画賞新人賞を受賞し、以降も映画、テレビ、舞台など数々の話題作で活躍してきた。


彼の代表作といえば何を思い浮かべるだろう? 特に近年は活躍の場を広げ、2016年下半期連続テレビ小説「べっぴんさん」ではドラマー、2017年にはNetflixオリジナルシリーズ「火花」ではしがない漫才師役で主演を務め、『しゃぼん玉』では自暴自棄な逃亡を続ける中で老婆と出会う犯罪者に。

『HiGH&LOW』シリーズでは達磨一家リーダー・日向に扮する一方で、2018年には「おっさんずラブ」でファン層が拡大。翌年『劇場版 おっさんずラブ~LOVE or DEAD~』にも出演。大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」では“第2部・田畑政治篇”で、繊細な水泳界のスター選手・大横田勉役を演じたことも記憶に新しい。

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』おっさんずフェス「プレミアムトークイベント」『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』プレミアムトークイベント
連続テレビ小説「スカーレット」で2020年を迎えると、フジテレビ開局60周年特別企画「教場」に参加、6月に放送されたリモートドラマ「世界は3で出来ている」がギャラクシー月間賞を受賞して話題を呼んだ。


2020年「姉ちゃんの恋人」は2年ぶりの民放連ドラ出演


「姉ちゃんの恋人」最終話 (C) カンテレ
コロナ禍に準じた体制でドラマ撮影が再開されるようになり、「姉ちゃんの恋人」で「リーガルV 元・弁護士 小鳥遊翔子」(2018)以来2年ぶりの民放連続ドラマ出演となった林さん。今期は「#リモラブ~普通の恋は邪道~」や「共演NG」など現実を反映させて描くドラマが登場する中、本作もまた緊急事態宣言中に奮闘したホームセンターの職員たちのその後、ハロウィンからクリスマスまでの人間模様や恋愛模様が丁寧に描かれた。

「ひよっこ」などで何度もタッグを組んできた主演・有村さん×脚本・岡田氏によるオリジナルストーリーは、壊れかけた世界=地球で幸せを探し続ける人たちの物語で、ちょっぴりすさんだ心にもジンワリと温かく、しみ通っていくようなドラマだった。


恋人を守るため傷害事件を起こした過去を持ちながらも、桃子と出会い、自分の世界を新しく作り直していく作業に向き合ってきた真人。桃子や悟志(藤木直人)との関わりの中で笑顔を見せることがあっても、すぐに全てを諦めたような表情に切り替わるところや、過去と対峙して自らを責め、苦悩する姿は、観るたびに涙してしまうほど。まるで母・貴子(和久井映見)のような気持ちで見守っていた人も多かっただろう。

ちなみに、岡田氏とのタッグは10代だった2009年10月期「小公女セイラ」以来11年ぶり。大人の俳優へと成長したいま、演じる役を自分のために書き下ろしてもらうというのは役者冥利に尽きるはず。有村さんとも本格共演は初めてと思えないくらい、相性抜群だった。

最終話にもあったように、驚きのあまりスマホを顔面の上に落としたり、テーブルの脚に足指をぶつけたりする天然ぽいところや、「キスしていいかな?」ときちんと聞いてくれる誠実さも含めて、「真人という人間の人生の一部を心を込めて演じていきたい」とクランクイン前にコメントしていた林さんの姿を重ねずにはいられない。


映画『私をくいとめて』のん“みつ子”の相手は彼しかいない!?


『私をくいとめて』(c)2020「私をくいとめて」製作委員会
その一方、現在公開中の大九明子監督作『私をくいとめて』では、初共演ののん演じる“おひとりさま”の主人公みつ子が恋に落ちる2歳年下の多田くんを演じている。多田くんはみつ子が務める会社の取引先の営業マン。これまでみつ子とは直接関わりはなかったが、家が近所で偶然買い物中に遭遇したことがきっかけで話をするように。

しかし、2人はサシ飯に行くわけでもなく、時々多田くんがみつ子の部屋を訪問してはおすそ分けの手料理を玄関先で受け取って帰るだけ…という関係に。

みつ子の手作り肉じゃがに思わず反応してしまう多田くん。「黒田さん(みつ子)のお料理はいつもおいしいです」と母性本能をくすぐる発言をする多田くん。アラサーの2歳違いはほぼタメと思っていても、なかなかみつ子の本意がつかめずにいる多田くん。「なんだよっ」と照れくさそうに微笑む愛らしい多田くんもまた、彼にしか演じられない役。

『私をくいとめて』(C)2020「私をくいとめて」製作委員会
「以前からご一緒してみたかった」と言う大九監督も、「振り幅が素晴らしく、少し話すと芝居がどんどん変わるので、とても楽しかったです。急に変なことお願いしてもすぐに『はい』と言ってやって下さって素敵」と、その柔軟な対応力に太鼓判を押している。


一人三役でリモートドラマ「世界は3で出来ている」


「世界は3で出来ている」(C)フジテレビ
2020年だからこそ作られた本作。リモート撮影で出演者は林さんのみ、一人三役で一卵性の3つ子を演じた。主人公は明るくてお調子者の次男・望月勇人。商社勤務で、会社を辞めようかと思っていた矢先に“ステイホーム”期間となり、リモートワークを機についに居場所を見つけた、という設定。

脚本は「スカーレット」の水橋文美江ということもあり、この次男が“信作”に最も近い。また、そんな次男を心配する3分違いの兄、長男・泰斗はソーシャルディスタンスをしっかり守り生真面目なところがある、ちょっと“牧”っぽいキャラ。そして3男・三雄は結婚して子どももおり、対照的な2人の兄を見て育った感じだ。

演出を手がけた「教場」の中江功と、脚本の水橋さんについては「お二人との出会いは自分の中での大きな出来事」と振り返るほど。自身を成長させてくれた出会いから生まれた、三者三様の人物を演じ分けた林さんの演技力を堪能してみてほしい。


戸田恵梨香&大島優子と幼なじみに「スカーレット」


出身地・滋賀を舞台に女性陶芸家のヒロインを戸田恵梨香が演じ、その幼なじみ役を大島優子と演じた。戸田さんと大島さんは同い年、林さんが2歳年下というリアルな年の差同様に、彼が演じた信作は2人から弟のように可愛がられつつ、時々からかわれつつ、どちらかと恋に落ちることもない異性の幼なじみ役で新鮮だった。

中学生時代(学ラン姿!)は内気だったのに、あることから軽妙でオープンな性格へと変貌した信作役は、真人や牧とは違うキャラクターを知りたい方にはオススメ。「べっぴんさん」からのスタッフも多かったそうで、伸び伸びと演じていた印象を受ける。


短編映画のような作品集を30歳の誕生日に発売


「林遣都 作品集 THREE TALES」(C)SDP
10代最後に発売したファースト写真集「Clear」(2010)以来の書籍で、節目となる30歳を記念した「林遣都 作品集 THREE TALES」は一般的な写真集とは異なり、3つ子…ではないが、“3人のとある30代男性”をモチーフとした3つのストーリーが展開する。

林さんがそれぞれのキャラクターを演じ、人気アーティストのMVやCM、映画などを手がける映像監督・写真家の林響太朗により、まるで短編映画を作るような手法で作り上げられた。クールな無骨さと温かみを合わせ持つ自然光での姿、野性味さえも感じるモノクロの世界での姿、一転、カラフルで熱気や湿気も感じられるような姿と、全く違った世界観を楽しめる。


大竹しのぶと共演!舞台「フェードル」


舞台「フェードル」メインビジュアル
コンスタントに舞台作品にも挑んでいる林さん。2017年の初演時も絶賛された大竹しのぶがフェードルに再び扮し、彼女に想いを寄せられるという義理の息子・イッポリットを演じる。コロナ禍で上演延期となっていたが、年明け早々2021年1月8日(金)よりBunkamuraシアターコクーンを皮切りに、金沢、愛知などで上演されていく予定。

獣医師を演じる映画『犬部!』2021年公開予定


林遣都-ちえ(花子役)(C)2021「犬部!」製作委員会
「おっさんずラブ」の撮影中に「チワワに似ている」と話題になっていた林さんが、本作では犬猫など動物の保護活動をサークルにすることを思いつき「犬部」を設立する獣医学部の主人公に。中川大志と共演し、サークル仲間と共に奮闘した過去と獣医師となって新たな問題に立ち向かう現代という、2つの時代構成で描く。

中川大志-きぃ(太郎役)(C)2021「犬部!」製作委員会
脚本が、“多頭飼育崩壊”をとらえたCX「ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側」や保護犬・保護猫に迫ったNHK BSプレミアム「家族になろうよ 犬と猫と私たちの未来」の総合演出などで知られる山田あかねということでも注目の1作。

小松菜奈とW主演、映画『恋する寄生虫』2021年公開予定


林遣都×小松菜奈
三秋縋による10万部突破の同名ヒット作が原案。CMやMVを手掛ける柿本ケンサクが監督、『眉山』の山室有紀子が脚本を担当し映画化したラブストーリー。極度の潔癖症から誰とも人間関係を築けずにいる主人公という、これまたドンピシャな役ではないだろうか。「毎回想像を超えるアイディアをくださった柿本監督に出会えたこと、そして小松さんとお互いの心を通わせながら気持ちをぶつけ合いお芝居できた」と語っており、小松さんとの初共演が楽しみ。

映画『護られなかった者たちへ』2021年秋公開予定


中山七里の原作小説×瀬々敬久監督、容疑者に扮する佐藤健×刑事に扮する阿部寛という本作では、東日本大震災から9年後の宮城県内が舞台となり、阿部さんの後輩となる県警察捜査第一課の刑事役に挑む。

初共演から再タッグまで、1つ1つの出会いを糧にしてきた役者・林遣都の30代にも、いまから期待しかない。
《text:Reiko Uehara》

特集

関連記事

特集

page top