【ご招待】自らの過去に隠された謎とは?『記憶の技法』シネマカフェ オンライン試写会に10名様ご招待

〆切り:11月17日(火)

プレゼント イベント
『記憶の技法』(C)吉野朔実・小学館 / 2020「記憶の技法」製作委員会
  • 『記憶の技法』(C)吉野朔実・小学館 / 2020「記憶の技法」製作委員会
  • 『記憶の技法』(C)吉野朔実・小学館 / 2020「記憶の技法」製作委員会
  • 『記憶の技法』(C)吉野朔実・小学館 / 2020「記憶の技法」製作委員会
  • 『記憶の技法』(C)吉野朔実・小学館 / 2020「記憶の技法」製作委員会
  • 『記憶の技法』(C)吉野朔実・小学館 / 2020「記憶の技法」製作委員会
  • 『記憶の技法』(C)吉野朔実・小学館 / 2020「記憶の技法」製作委員会
  • 『記憶の技法』(C)吉野朔実・小学館 / 2020「記憶の技法」製作委員会
〆切り:11月17日(火)

オンライン上映日時:11月20日(金):19時開映

上映時間:105分

レビュー期限:~11月24日(火)中
※鑑賞後には必ずご感想やレビューを投稿下さいますようお願いします。

吉野朔実の漫画を石井杏奈主演で実写化。奇妙な記憶喪失癖に悩む華蓮(石井杏奈)が、戸籍抄本に不可思議な記載をみつけ、自らの過去に疑問を抱き、自分のルーツを巡っていくミステリー。

こちらの公開に先駆けて、『記憶の技法』オンライン試写会に10名様をご招待。




東京に住むごく普通の女子高校生、鹿角華蓮は、幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまう奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。そんなある日、韓国への修学旅行のためにパスポート申請用の戸籍抄本を手にした華蓮は、自分に“由”という姉がいたことを知る。しかも由は4歳のときに死亡し、華蓮は“松本”という家から今の両親に引き取られた事実が判明。本当の親はどこにいるのか。なぜ、自分は養子として出されたのか。そのすべてを知りたい華蓮は嘘をついて修学旅行をキャンセルし、出生地の福岡へ旅立つ。そのルーツ探しに協力してくれた青い瞳を持つ同級生、穂刈怜とともに現地調査を行う華蓮は、失われた記憶のピースをたぐり寄せながら、想像を絶する真実に迫っていく――。

【応募方法】
1.「cinemacafe.net」公式Twitterアカウント(@cinema_cafe)をフォロー
2.下記応募ボタンより必要事項を記入・送信

※都合により、中止、日程変更となる場合があります。予めご了承ください。
※当選者ご本人様のみ参加可能となります。視聴リンクの転送・公開を禁止いたします。
※当選者の方にのみ、オンライン試写会ページのURLをお送り致します。
※上記期間中に視聴&レビュー投稿が可能な方のみご応募いただけますようお願い申し上げます。
※無断転載・配信画面の撮影防止のため、配信画面にはウォーターマーク(透かし)が常時表示されます。ご了承くださいませ。
※カフェや公共交通機関など公共性の高い場所での視聴はお控えください。


試写会に応募する
《text:cinemacafe.net》

特集

特集

page top