山口紗弥加“雪菜”のカレースムージーにツッコミ殺到、「いっそカレー入れてくれた方が」…「共演NG」4話

企画・原作を秋元康が手がけ、ドラマ制作現場のドタバタ劇とラブストーリーを描く「共演NG」の第4話が11月16日オンエア。今回は“カレースムージー”で英二を苦しめる(?)山口紗弥加演じる雪菜に多くの反応が寄せられている。

最新ニュース スクープ
「共演NG」第4話 (C) 「共演NG」製作委員会
  • 「共演NG」第4話 (C) 「共演NG」製作委員会
  • 「共演NG」第4話 (C) 「共演NG」製作委員会
  • 「共演NG」第4話 (C) 「共演NG」製作委員会
  • 「共演NG」第4話 (C) 「共演NG」製作委員会
  • 「共演NG」第4話 (C) 「共演NG」製作委員会
  • 「共演NG」第4話 (C) 「共演NG」製作委員会
  • 「共演NG」第4話 (C) 「共演NG」製作委員会
  • 「共演NG」第4話 (C) 「共演NG」製作委員会
企画・原作を秋元康が手がけ、ドラマ制作現場のドタバタ劇とラブストーリーを描く「共演NG」の第4話が11月16日オンエア。今回は“カレースムージー”で英二を苦しめる(?)山口紗弥加演じる雪菜に多くの反応が寄せられている。

20代半ばで人気俳優となったが二股交際が発覚し、一時期業界から干されたこともあった遠山英二に中井貴一。25年前、ドラマで出逢った英二と熱愛関係となるが破局、以来英二とは“共演NG”となっている大園瞳に鈴木京香。

元アイドルで25年前、英二と出会い妻となった遠山雪菜に山口紗弥加。英二と瞳が共演する「殺したいほど愛してる」を手がける“時代の寵児”市原龍に斎藤工。里見浩太朗、堀部圭亮、細田善彦、小澤廉、若月佑美、小野花梨。森永悠希、小島藤子、迫田孝也、リリー・フランキー、猫背椿らも共演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
4話では撮影現場に突然雪菜が現れ、マカロンを差し入れ共演者やスタッフに挨拶。瞳にも「女優さんってうらやましい。役になりきって誰とでも恋したりできる」と挑発的な言葉を投げかけると、「今日はカレーだからね」と告げ「北インドと南インド、どっちにする?」と問いかける。英二は焦ったような表情をみせつつ「…南インド」と答える…というシーンからスタート。


この雪菜のセリフに「南インドカレーが頭から離れないw」「南インドのカレー、気になるーーー」「普通のご家庭のカレーは出てこなそう」「南インドはスープ系」など視聴者が反応。


雪菜のプレッシャーもあり、「カレー」というセリフを口に出せなくなってしまった瞳のため、撮休日に2人でセリフの練習をしようと提案する英二。しかし当日、瞳の元に向かおうとした英二の自宅に共演者たちが訪ねてくる。なんと雪菜がカレーパーティーをしようと共演者たちを自宅に招いていたのだった。瞳に電話しようとする英二だが、それを遮り「今日はお家にいて」と突然冷たい目で英二を引き留める雪菜。さらに翌日、雪菜が英二のために用意したスムージーはなんと“カレー味”で…。

「今日も安定の不味いスムージー。だって、カレー入り」「カレー入りスムージーなんて初めて聞いた(笑)絶対まずそう。」「スムージーにされるくらいなら、いっそカレー入れてくれた方がマシ」など、雪菜のカレースムージーにもツッコミが相次ぐ。

広告の後にも続きます

そして今回から青木崇高が新たな“共演NG”キャストとして登場。こちらにも「京香様の元カレ役が青木崇高さんとか最高」「身長高いな、存在感スゴい」など注目が集まっている模様だ。

《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top