『新感染半島』で大注目カン・ドンウォン出演7作品を特集上映!幻のデビュー作も

『新感染半島 ファイナル・ステージ』が韓国で大ヒットを記録し、日本では2021年元旦に公開される韓国俳優カン・ドンウォン。この度、出演作品全7作品を上映する「カン・ドンウォン特集上映」が実施されることになった。

韓流・華流 スクープ
『新感染半島 ファイナル・ステージ』が韓国で大ヒットを記録し、日本では2021年元旦に公開される韓国俳優カン・ドンウォン。この度、出演作品全7作品を上映する「カン・ドンウォン特集上映」が実施されることになった。

今回上映されるのは、全7作品。今後、是枝裕和が手掛ける初の韓国映画『ブローカー』(仮題)への出演も決定し、ますます注目されるカン・ドンウォンの幻の映画デビュー作を含む、アクション、社会派、大ヒット作まで魅力的なラインアップとなっている。

中でも『彼女を信じないでください』は、カン・ドンウォンの映画デビュー作品であり、見逃せない1作。『義兄弟 SECRET REUNION』『MASTER/マスター』では、日本公開に合わせて来日したが、舞台挨拶はどちらもチケットが即完、また『MASTER/マスター』では当時TOHOシネマズ 上野のオープン記念イベントとしてメディアにも多数取り上げられた。

さらに、『1987、ある闘いの真実』は、自ら出演したいと監督に願い出たカン・ドンウォンにとって特に思い入れのある社会派作品であり、日本でも大ヒットを記録した見ごたえのある1作となっている。

『彼女を信じないでください』(2004)


『彼女を信じないでください』(C)2005 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
仮釈放された天才的な詐欺師・ヨンジュ(キム・ハヌル)は、列車の中で薬剤師・ヒチョル(カン・ドンウォン)を痴漢と勘違いし、ひと悶着。その後ヒチョルが恋人にプロポーズするために買った指輪を盗まれるのを見て、ヨンジュはそれを取り戻す。指輪を届けにヒチョルの家に行ったヨンジュは彼の恋人として振る舞うはめになり…。

『義兄弟 SECRET REUNION』(2010)


『義兄弟 SECRET REUNION』(C) 2010 SHOWBOX / MEDIAPLEX ALL RIGHTS RESERVED.
ソウル市内で起きた銃撃事件で、国家情報員のイ・ハンギュ(ソン・ガンホ)は多くの死傷者を出した責任を問われ組織をクビになった。事件から6年、ハンギュは探偵まがいの稼業で何とか暮らしていたが、ある日、銃撃事件の現場から逃亡した北朝鮮の工作員ソン・ジウォン(カン・ドンウォン)に出くわす。潜伏生活を続けていたジウォンだったが、ハンギュの熱心な誘いで一緒に働くようになり、それぞれの目的を胸に秘めながらも寝食を共にする内に心を通わせていく。そんな頃、彼らの運命を左右する事件が起き…。

『群盗』(2014)


『群盗』(C)2014 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND MOONLIGHT FILM ALL RIGHTS RESERVED.
悪徳官僚や富豪貴族が世の中を支配し、貧しい民ばかりが搾取と弾圧に苦しめられていた朝鮮王朝末期の1862年。極貧にあえぎながら生きてきたトルムチ(ハ・ジョンウ)は、剣豪の武官ユン(カン・ドンウォン)から「特別な仕事」を頼まれたことで、生涯忘れることのできない悲劇に見舞われてしまう。しかし、暴政の転覆をもくろむ盗賊団チュソルに助けられたトルムチは、新たな名前へと生まれ変わり、ユンへの復讐のため驚くべき変貌を遂げていく。民衆を救い、理想の世を築くための反乱は、間もなく運命の開戦を迎えようとしていた――。

『世界で一番いとしい君へ』(2014)


『世界で一番いとしい君へ』(C)2014 ZIP CINEMA All Rights Reserved.
テコンドー選手を目指していた高校生のデス(カン・ドンウォン)と、アイドルシンガーになることを夢見ていたミラ(ソン・ヘギョ)。17歳という若さで妊娠に直面してしまった2人は家も学校も夢も捨て、生まれてきた息子アルムと3人でかけがえのない家族になった。16歳になったアルムは、成長が急速に進む先天性早老症のため、身体年齢は80歳を超えていた。治療費を稼ぐためがむしゃらに働くデスとミラは、息子と共に明るさを失わずに生きてきた。そんな彼らの人生がドキュメンタリー番組で紹介されることになり、これまで限られた世界しか知らなかったアルムにドキドキする“事件”が起こりはじめる…。

『華麗なるリベンジ』(2015)


『華麗なるリベンジ』(C) 2016 SHOWBOX, MOONLIGHT FILM AND SANAI PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.
熱血検事ピョン・ジェウク(ファン・ジョンミン)は、取り調べ中の容疑者を死に追いやったという濡れ衣を着せられ、一夜にして検事から懲役15年の服役囚へと転落。身の潔白を晴らすことを心に誓った彼は、獄中で知り合った前科9犯の詐欺師ハン・チウォン(カン・ドンウォン)に近づき、「俺の計画に協力してくれたら、お前を出所させてやる」と極秘取引を持ちかけた。バディを組むことになった2人、その空前絶後のリベンジ作戦の全貌とは――。

『MASTER/マスター』(2016)


『MASTER/マスター』(C)2016 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA. ALL RIGHTS RESERVED
悪徳な金融詐欺で巨万の富を築き、いまや政財界をも牛耳るチン会長(イ・ビョンホン)。彼を追う知能犯罪捜査官のキム刑事(カン・ドンウォン)は、会長の側近で天才ハッカーのパク(キム・ウビン)を脅し、捜査へ協力させる。しかし、裏切り者の匂いを察知したチン会長は大金と共に姿をくらましてしまう...。一歩も譲れぬプライドに突き動かされた男たちの戦いは、海を越えた異国の地で激化していく。

『1987、ある闘いの真実』(2017)


『1987、ある闘いの真実』(C)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED
1987年軍事政権下、警察に連行されたソウル大学の学生が、取り調べ中に命を落とした。政府が事実をもみ消すなか、新聞社は「拷問中に死亡した」とスクープする。我慢の限界に達した人々から民主化を求める声が沸き起こり、それは革命へと発展。絶対的権力を相手に、悪政国家を変えようとする民衆が正義のために立ち上がった…!

「カン・ドンウォン特集上映」は1月8日(金)~1月14日(木)、シネマート新宿、シネマート心斎橋にて上映。
当日料金:一般・大学生・シニア 1,400円均一
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top