オタク警官役の古川雄大に「全オタクに見てほしい」の声、内田真礼にも注目…「極主夫道」7話

玉木宏が主演を務める仁義なきヒューマン任侠コメディドラマ「極主夫道」の7話が11月22日放送。古川雄大演じる交番勤務の警官、酒井の“オタク”ぶりに「可愛すぎ」「全オタクに見てほしい」などの声が殺到。また内田真礼の出演にも注目が集まっている。

最新ニュース スクープ
「極主夫道」第7話 (C) ytv
  • 「極主夫道」第7話 (C) ytv
  • 「極主夫道」第7話 (C) ytv
  • 「極主夫道」第7話 (C) ytv
  • 「極主夫道」第7話 (C) ytv
  • 「極主夫道」第7話 (C) ytv
  • 「極主夫道」第7話 (C) ytv
玉木宏が主演を務める仁義なきヒューマン任侠コメディドラマ「極主夫道」の7話が11月22日放送。古川雄大演じる交番勤務の警官、酒井の“オタク”ぶりに「可愛すぎ」「全オタクに見てほしい」などの声が殺到。また内田真礼の出演にも注目が集まっている。

極道時代は“不死身の龍”の異名で恐れられたが、美久と出会い、極道から足を洗い結婚。いまは主夫業に打ち込んでいる龍(たつ)を玉木さんが演じる本作。


龍とは正反対に片付けや料理が苦手すぎるキャリアウーマンな美久には川口春奈。龍に憧れ、極道に戻ってほしいと願いつつ、最近は“主夫度”が上がってきている元舎弟の雅には志尊淳。美久の娘・向日葵には白鳥玉季。かつて龍が所属していた「天雀会」の姐御・江口雲雀には稲森いずみ。「天雀会」会長の菊次郎には竹中直人。


天雀会と敵対関係にある「大城山組」組長の大城山國光には橋本じゅん。“不死身の龍”と双璧をなす伝説の極道だが今は露店クレープ屋を営む虎二郎には滝藤賢一。

龍のインスタのチェックしている女子大生の大前ゆかりには玉城ティナ。龍たちが暮らしている火竜町の婦人会会長・田中和子にMEGUMI。火竜町婦人会のメンバーで太田佳世には田中道子。交番勤務の警察官・佐渡島幸平には安井順平。佐渡島とともに交番勤務している酒井タツキには古川さんといったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

今回は龍が自宅の掃除中、美久が大切にしているアニメ「ネオポリスガール」のフィギュアを壊してしまう。バレる前に同じものを買おうとおもちゃ屋に行くも20万円という高額で、資金を工面するため龍は喫茶店やスーパーでアルバイト、婦人会のバレーボールチームに参加して謝礼を受け取ったりしながらお金を貯め始める。

一方、酒井も「ネオポリスガール」のオタクで同じフィギュアを狙っていた。2人はおもちゃ屋で鉢合わせするが、フィギュアは売れた後で、酒井は協力してフィギュアを入手しようと龍に持ち掛ける。しかし金に困ってる龍を見た雅たちは龍が病気なのではないか、佐渡島も酒井が龍から薬物を購入しているのではとそれぞれ誤解される…というストーリーが展開。


今回は古川さん演じる酒井の“オタク”ぶりに多くの視聴者が注目。「オタクな古川雄大が可愛すぎました」「感動回なんだけど…全オタクに見てほしい…元気でたわ…」などの声が続々と寄せられる。

また劇中に登場する「ネオポリスガール」のアニメパートに声優の内田真礼が出演。「内田真礼がネオポリスガールの声やってたんだけど」「内田真礼さんの声に似てるなぁって思ったら内田真礼さんだった」「極主夫道から聞こえてきたのやっぱ内田真礼の声じゃん」など、こちらにも多くの反応が集まっている。
《笠緒》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top