宮世琉弥の“落語ラップ”と磯村勇斗の“呼び出し要請”に視聴者歓喜…「恋する母たち」6話

木村佳乃、吉田羊、仲里依紗、小泉孝太郎、阿部サダヲ、磯村勇斗らの出演でおくる「恋する母たち」の6話が11月27日放送。宮世琉弥演じるまりの息子・繁秋が披露した“落語ラップ”と、磯村さん演じる赤坂の“営業指南”に多くの視聴者が沸いている。

最新ニュース スクープ
「恋する母たち」第6話 (C) TBS
  • 「恋する母たち」第6話 (C) TBS
  • 「恋する母たち」第6話 (C) TBS
  • 「恋する母たち」第6話 (C) TBS
木村佳乃、吉田羊、仲里依紗、小泉孝太郎、阿部サダヲ、磯村勇斗らの出演でおくる「恋する母たち」の6話が11月27日放送。宮世琉弥演じるまりの息子・繁秋が披露した“落語ラップ”と、磯村さん演じる赤坂の“営業指南”に多くの視聴者が沸いている。

夫・慎吾に駆け落ち失踪されてから11年後、“慎吾の不倫相手の夫”だった男性と再会し恋に落ちる石渡杏を木村さんが。仕事一筋で生きてきて部下の男性と不倫関係になり、専業主夫の夫と息子に捨てられる林優子を吉田さんが。エリート弁護士の夫に浮気&モラハラされるなかで、人気落語家・今昔亭丸太郎と出会い恋に落ちる蒲原まりを仲さんがそれぞれ演じる本作。

杏と交際することになる斉木巧に小泉さん。熱烈に優子を愛する彼女の部下で有望な若手社員・赤坂剛に磯村さん。まりに一目惚れし深い仲になっていく人気落語家の今昔亭丸太郎に阿部さん。記憶喪失になった杏の元夫・慎吾に渋川清彦。杏の息子・研に藤原大祐。小説家で専業主夫の優子の夫・林シゲオに矢作兼。繁樹への復讐に燃える山下のり子に森田望智といったキャストも共演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
ある日、まりの元に丸太郎から「これ、まりちゃんの息子?」というメッセージとともに、繁秋がアップした動画が転送されてくる。それは繁秋が落語をラップしてる映像で、丸太郎は「鳥肌たった。才能信じてもいいんじゃないかな」とまりと繁秋をレコード会社の担当者と引き合わせる…という展開に。

今年初めまで「M!LK」として音楽活動も行っていた宮世さんのスキルを存分に生かした“落語ラップ”に「繁秋なんかカッケーことしてる!」「何これ琉弥ちゃんの神動画?」「ラップ×落語もっと聴きたい」「ラップ動画、ガチでYouTubeとかに出してくれませんか!?」などの反応が続出。


また千葉の営業部に赴任した優子だが、営業先のスーパーで「そんな細い体じゃビールケースも持ち上げられないよね」と嫌みを言われたり、以前トラブルがあった食品卸先の塚越(尾美としのり)に土下座を強要されるなど、初めての営業に驚きながらもひたむきに仕事をこなす。そんな優子を心配した赤坂は彼女に電話、「困ったことがあったら赤坂を呼び出して下さい」と、自分を頼ってほしいというメッセージを伝える。

そんな赤坂のメッセージにも「優子さんが仕事でがむしゃらに頑張ってる姿がなんとも 赤坂くんがあえてサッと電話切るのも切ないわぁ」「赤坂くんの電話にキュン いつでも呼びます笑笑わたしなら」「困ったことがなくても赤坂くんを呼び出したい私はどうしたらいいですか?」など数多くの反応が投稿されている。
《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top