『魔女がいっぱい』R・ゼメキス監督は「想像力が無限大」 日本に向けたメッセージも

『魔女がいっぱい』大ヒットの知らせを受け、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズなどを手掛けるロバート・ゼメキス監督から日本のファンに向けた特別メッセージと撮影の舞台裏が明らかになる特別映像も解禁された。

映画 洋画ニュース
ロバート・ゼメキス監督『魔女がいっぱい』(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • ロバート・ゼメキス監督『魔女がいっぱい』(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 『魔女がいっぱい』(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 『魔女がいっぱい』(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 『魔女がいっぱい』(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 『魔女がいっぱい』(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 『魔女がいっぱい』(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 『魔女がいっぱい』(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールの人気作を、アン・ハサウェイ主演で実写映画化した『魔女がいっぱい』。大ヒットの知らせを受け、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズなどを手掛けるロバート・ゼメキス監督が日本のファンに向けた特別メッセージを寄せ、撮影の舞台裏が明らかになる特別映像も解禁された。

>>『魔女がいっぱい』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁されたのは、ゼメキス監督の日本のファンに向けた貴重なメッセージ動画に加え、本作の撮影舞台裏が盛り込まれた特別映像。過去に『フォレスト・ガンプ/一期一会』でアカデミー賞の作品賞・監督賞を受賞したゼメキス監督。


日本での人気も厚いゼメキス監督は、ファンに向けて「日本ではクリスマスに向けて劇場公開されると聞いて喜んでいます。映画は、ずっと人生に楽しみを与え、困難な時にも人々の助けとなり愛されてきました。このファンタジー映画が、日本の皆さんに映画館でしかできない体験と、たくさんの希望を与えてくれることを祈っています」とメッセージを寄せる。

そんなゼメキス監督について、初タッグを組んだ主演のアンは「ロバート・ゼメキス監督以外この映画化は考えられない。想像力が無限大だから。私たちが見慣れている今の映画技術は彼が編み出してきた」と絶賛。

『魔女がいっぱい』(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
一方、ゼメキス監督は「映画作りの醍醐味は観客の心を動かせること。笑わせたり泣かせたり怖がらせたりね。毎回それを目指している」と本作でも映像表現にこだわっていることを明かしている。さらにアン演じる大魔女<グランド・ウィッチ>の恐ろしいビジュアルはCG技術やワイヤーアクションで表現。大魔女が宙を舞うシーンや魔女たちが飛び回るシーンはほとんどワイヤーアクションによって実演されていたという。

『魔女がいっぱい』(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
製作を務めたジャック・ラプケが「子供たちをネズミに変えたり魔女が飛び回ってたり見てて飽きないんだ」と明かすように、アン演じる大魔女が少年をネズミに変えたことで、物語は世界中の魔女を巻き込んで思いもよらぬ方向へ進む本作。ゼメキス監督は観るだけで楽しい、ワクワクのファンタジックワールドを創り上げた。

『魔女がいっぱい』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top