アン・ハサウェイの“切り替え”にオクタヴィア・スペンサー驚愕『魔女がいっぱい』

映画『魔女がいっぱい』から、“大魔女”役アン・ハサウェイと“おばあちゃん”役オクタビア・スペンサーのインタビュー動画が到着

映画 洋画ニュース
『魔女がいっぱい』The Witches (c) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 『魔女がいっぱい』The Witches (c) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 『魔女がいっぱい』The Witches (c) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 『魔女がいっぱい』The Witches (c) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 『魔女がいっぱい』The Witches (c) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 『マイ・インターン』(c) 2015 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『マイ・インターン』(c) 2015 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『オーシャンズ8』 (c) 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. and Village Roadshow Films (BVI) Limited. All rights reserved.
  • 『オーシャンズ8』 (c) 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. and Village Roadshow Films (BVI) Limited. All rights reserved.
「チャーリーとチョコレート工場」のロアルド・ダールによる児童文学を原作にした映画『魔女がいっぱい』から、“大魔女”役アン・ハサウェイと“おばあちゃん”役オクタビア・スペンサーのインタビュー動画が到着。メインキャスト2人がそれぞれ出演者への印象や撮影の裏側を語っている。

>>『魔女がいっぱい』あらすじ&キャストはこちらから

アンは、オクタヴィアとは初共演。「想像以上にいい人だった」とオクタビアの印象に触れ、一緒にいて楽しいことはもちろん、特に安定感のある演技が大好きで、彼女のおかげで「バランスの取れた作品になった」と語る。

アンといえば『マイ・インターン』『オーシャンズ8』などで見せる華々しい役柄のイメージを誰しも思い浮かべるが、本作の”大魔女”は美しさはあるものの、それ以上に邪悪で恐ろしい役。本作で“ぼく”(ジャジール・ブルーノ)は、大魔女によって物語の途中でネズミに変えられてしまうが、オクタビアの”名脇役”ぶりは物語に必要不可欠だったといえる。

『魔女がいっぱい』The Witches (c) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
また、ホテルマン・ストリンガー役を演じたスタンリー・トゥッチと共演した感想を問われると、「スタンリー大好き~!」と笑顔をみせるアンは彼との共演で「すごく救われた」と語る。先述の通り、本作でのアンはこれまでとは全く違う振り切った役を演じていることから撮影でも相当苦労したようで「最初のリハーサルで役のアクセントで台詞を言ったの。するとスタンリーが笑い出した。本当に面白いと思わないと笑わない人だから嬉しかった」とアン。

『魔女がいっぱい』The Witches (c) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
2人は過去に『プラダを着た悪魔』で共演していることから、本作でも息ぴったりな様子がうかがえる。さらに「『プラダを着た悪魔』では彼のほうがクセのある役でしたが…」とインタビュアーが尋ねると、アンは「今度は私が彼を笑わせる番だった!」と、2人の関係の良さも伝わってくる満面の笑顔を見せた。

続いて、オクタビアは「アンは演じている時と本来の顔が違いすぎて驚いた」とアンの印象を明かす。「カメラが回ると大魔女、カメラが止まると楽しくて優しいアン。冷酷な大魔女になったかと思えばまた楽しいアンに戻っている。あれは本当に凄かった」と女優としてのプロフェッショナルな一面を絶賛。

また、スタンリーについては「スタンリーとは笑ってばかりだった。あんなにたくさん一緒に笑った人はいないわ」とオクタビア。「共演する日は本当にずっと笑っていた」と話す様子からも、撮影現場の和気あいあいとした楽しい雰囲気がうかがえる。


インタビューでも明かされているように、オン/オフの切り替えで女優魂を見せた“大魔女”役のアンや、信頼の置ける演技を遺憾なく発揮しているオクタビア、キャストたちから愛されるスタンリーの演技などにぜひ注目してほしい。

『魔女がいっぱい』は先行デジタルレンタル&ダウンロード販売中。3月19日(金)よりブルーレイ&DVDを発売、レンタル開始。本編冒頭10分を無料公開中。

<『魔女がいっぱい』リリース情報>
先行デジタルレンタル&ダウンロード販売中
3月19日(金)Blu-ray&DVD発売・レンタル開始
ブルーレイ&DVDセット(2枚組)価格:¥4,980(税込)
発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元: NBC ユニバーサル・エンターテイメント
The Witches (c) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

<『マイ・インターン』リリース情報>
ダウンロード販売中、デジタルレンタル中
ブルーレイ ¥2,619(税込)/DVD ¥1,572(税込)
発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント
(c) 2015 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

<『オーシャンズ8』リリース情報>
ダウンロード販売中、デジタルレンタル中
ブルーレイ ¥2,619(税込)/DVD ¥1,572(税込)
発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント
(c) 2018 Warner Bros. Entertainment Inc.
and Village Roadshow Films (BVI) Limited. All rights reserved.
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top