山崎賢人主演『夏への扉』予告公開、LiSAが実写映画初主題歌

山崎賢人主演で映画化する『夏への扉 ーキミのいる未来へー』の本予告映像と第2弾特報、本ポスタービジュアルが公開された。

映画 邦画ニュース
ハリウッド映画に多大な影響を与えた伝説の小説を、山崎賢人主演で映画化する『夏への扉 ーキミのいる未来へー』。この度、本作の本予告映像と第2弾特報、本ポスタービジュアルが公開された。

>>『夏への扉 ーキミのいる未来へー』あらすじ&キャストはこちらから

今回到着した予告編では、宗一郎(山崎さん)と冬が嫌いで夏への扉を探すために家中の扉を開ける飼い猫ピート、そして璃子(清原果耶)の登場からスタート。しかしそんな穏やかな映像から一転、何者かにはめられ、冷凍睡眠<コールドスリープ>させられてしまう宗一郎。

『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』(C)2021 映画「夏への扉」製作委員会
そして目を覚ましたのは、研究の成果が奪われ、璃子も失ってしまった30年後の絶望の世界だった。宗一郎を手助けをする人間にそっくりなロボット(藤木直人)と共に動く様子も映し出され、璃子を救うことができるのか? 先が気になる映像となっている。

『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』(C)2021 映画「夏への扉」製作委員会

本予告




特報2




また映像公開と併せて、本作の主題歌がLiSAの書き下ろし楽曲「サプライズ」に決定したことも分かった。「鬼滅の刃」に提供した楽曲が話題となり、2年連続となる紅白歌合戦への出場も決定しているLiSAさん。実写映画の主題歌は自身初となる本楽曲は、璃子を救うため、そして璃子との未来を取り戻すために奔走する宗一郎の背中を押すような、力強い1曲だ。

本作を観て歌詞を書き下ろしたというLiSAさんは「予期せぬ今日に臆病になったり、それでもやっぱり未来を信じたくなったり。そばにあるものの大切さと尊さを感じることができる私たちの心に、予想を超えて寄り添える”サプライズ”のような歌になればと願います」とコメントした。

LiSA
さらに公開されたビジュアルは、1995年と2025年、2つの時代を表すかのように宗一郎の顔が並べられている。

『夏への扉 ーキミのいる未来へー』は2021年2月19日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top