蒼井優&高橋一生共演『スパイの妻 劇場版』が最多10!「毎日映画コンクール」ノミネート発表

国内で最も権威と実績の映画賞「毎日映画コンクール」。第75回となる同コンクールの各賞のノミネート作品、ノミネート者が決定した。

最新ニュース スクープ
『スパイの妻』(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I
  • 『スパイの妻』(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I
  • 『スパイの妻』(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I
  • 『朝が来る』(C)2020「朝が来る」Film Partners
  • 『アンダードッグ』(c)2020「アンダードッグ」製作委員会
  • 『海辺の映画館』(c)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC
  • 『MOTHER マザー』(C)2020「MOTHER」製作委員会
  • 第75回毎日映画コンクール
国内で最も権威と実績の映画賞「毎日映画コンクール」。第75回となる同コンクールの各賞のノミネート作品、ノミネート者が決定した。

「毎日映画コンクール」は、1946年、日本の映画産業の振興に寄与し、国民に映画の楽しさを広く伝えることを目的に、毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社によって創設された国内最高峰の映画賞。

今回の対象作品は、2020年1月1日から12月31日までに国内で14日間以上、有料で劇場公開された作品となっている(アニメーションおよびドキュメンタリー部門は、同期間に完成もしくは上映された作品)。

<日本映画大賞・日本映画優秀賞>候補作には、『朝が来る』『アンダードッグ』『海辺の映画館 キネマの玉手箱』『スパイの妻 劇場版』『MOTHER マザー』が決定。

『朝が来る』(C)2020「朝が来る」Film Partners『朝が来る』
特に、黒沢清監督が初めて歴史の闇に挑んだ、ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)受賞も話題となった『スパイの妻 劇場版』は、劇中で夫婦役を演じた蒼井優と高橋一生の女優・男優主演賞を含む最多10ノミネートとなった。

『スパイの妻』(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I『スパイの妻』
次いで、8ノミネートとなったのは、森山未來、北村匠海、勝地涼がメインキャストで出演する、人生から見放された三匹の負け犬たちがリングの上で巡り合う『アンダードッグ』。森山さんが男優主演賞、勝地さんと北村さんが男優助演賞、ほかスタッフ部門でノミネート。

『アンダードッグ』(c)2020「アンダードッグ」製作委員会『アンダードッグ』
ほかにも、<男優主演賞・女優主演賞>には石橋蓮司、草彅剛、森崎ウィン、芦田愛菜、土村芳、長澤まさみ、水川あさみ。<新人賞>には岡田健史や宮沢氷魚、芋生悠、森七菜ら注目の若手が。<外国映画ベストワン賞>には、シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、エマ・ワトソンらが出演する『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』、クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』、アカデミー賞受賞で大きな賑わいを見せたポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』ほか。

<アニメーション映画賞・大藤信郎賞>には、現在も大ヒット公開中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』、市川染五郎と杉咲花が参加する『サイダーのように言葉が湧き上がる』、「おジャ魔女どれみ」20周年を記念して製作した『魔女見習いをさがして』などがノミネートされている。

なお、発表は来年1月下旬の毎日新聞、スポーツニッポン新聞紙上で行われ、その後、表彰式も行われる。

第75回毎日映画コンクール

<主なノミネート作品&ノミネート者>


【作品部門】
■日本映画大賞・日本映画優秀賞
『朝が来る』『アンダードッグ』『海辺の映画館 キネマの玉手箱』『スパイの妻 劇場版』『MOTHER マザー』

■外国映画ベストワン賞
『異端の鳥』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』『TENET テネット』『はちどり』『パラサイト 半地下の家族』『燃ゆる女の肖像』

【俳優部門】
■男優主演賞
石橋蓮司『一度も撃ってません』
草彅剛『ミッドナイトスワン』
高橋一生『スパイの妻 劇場版』
森崎ウィン『本気のしるし 劇場版』
森山未來『アンダードッグ』

■女優主演賞
蒼井優『スパイの妻 劇場版』
芦田愛菜『星の子』
土村芳『本気のしるし 劇場版』
長澤まさみ『MOTHER マザー』
水川あさみ『喜劇 愛妻物語』

■男優助演賞
阿部サダヲ『MOTHER マザー』
宇野祥平『罪の声』
勝地涼『アンダードッグ』
北村匠海『アンダードッグ』
成田凌『窮鼠はチーズの夢を見る』
東出昌大『スパイの妻 劇場版』

■女優助演賞
浅田美代子『朝が来る』
神野三鈴『37セカンズ』
岸井ゆきの『空に住む』
ベッキー『初恋』
蒔田彩珠『朝が来る』
渡辺真起子『37セカンズ』

■スポニチグランプリ新人賞(男性)
上村侑『許された子どもたち』
岡田健史『望み』
奥平大兼『MOTHER マザー』
下倉幹人『アイヌモシリ』
宮沢氷魚『his』
寄川歌太『滑走路』

■スポニチグランプリ新人賞(女性)
芋生悠『ソワレ』
佳山明『37セカンズ』
工藤遙『のぼる小寺さん』
服部樹咲『ミッドナイトスワン』
モトーラ世理奈『風の電話』
森七菜『ラストレター』

【アニメーション部門】
■アニメーション映画賞・大藤信郎賞
『生きる壁』『いしのしし」『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』『劇場版 ごん -GON, THE LITTLE FOX-』『音楽』『かたのあと』『サイダーのように言葉が湧き上がる』『The Balloon Catcher』『ジョゼと虎と魚たち』『DINO!』『どうにかなる日々』『Birth-めぐるいのち-』『附子』『魔女見習いをさがして』『Radio Town』『レベッカ』『わたしたちの家』

第75回毎日映画コンクールの表彰式は2021年2月17日(水)めぐろパーシモンホールにて開催予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top