『世界で一番しあわせな食堂』フィンランドでの幸せなひとときを切り取った場面写真

世界幸福度ランキング第1位の北欧・フィンランド発、地元の人たちと異国の料理人の出会いを描く、心温まる映画『世界で一番しあわせな食堂』より場面写真が公開された。

映画 洋画ニュース
『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
  • 『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
  • 『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
  • 『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
  • 『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
  • 『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
  • 『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
  • 『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
  • 『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
世界幸福度ランキング第1位の北欧・フィンランド発、地元の人たちと異国の料理人の出会いを描く、心温まる映画『世界で一番しあわせな食堂』より場面写真が公開された。

フィンランド北部の小さな村にある食堂へ、上海から料理人チェンとその息子がやって来た。恩人を探していると言うが、知る人は誰もいない。食堂を経営するシルカは、チェンが食堂を手伝う代わりに、恩人探しに協力することとなる。

恩人探しが思うように進まない一方で、チェンが作る料理は評判となり、食堂は大盛況。次第にチェンとシルカ、そして常連客とも親しくなっていくチェンだったが、観光ビザの期限が迫る――。

『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
毎年国連が発表している「世界幸福度ランキング」で、2018年から3年連続1位を獲得しているフィンランド。本作はそんなフィンランド北部・ラップランド地方の小さな村が舞台。

『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
到着した場面写真では、料理人のチェンがフィンランドで出会う食堂の女主人シルカに料理を教えるシーンや、ダンスに挑戦する少しぎこちなさが垣間見えるシーン。

『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
村人たちと一緒にサウナを楽しむ様子など、ふとした幸せを感じる場面が切り取られている。

『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
また、この地域でしか見ることのできない、太陽が沈まない美しい白夜が描かれる。湖畔で静かに白夜の日差しを浴びるチェンとシルカの姿も写し出されている。

『世界で一番しあわせな食堂』(C)Marianna Films
本作の監督ミカ・カウリスマキは、ラップランドの大ファンで年2回は訪れているそうで「ここは手つかずの自然が残っており、まだ人々によって台無しにされていない、とても神秘的な場所」と説明し、「視覚的に美しくエキゾチックなだけでなく、素朴でオープンな場所だからここを舞台に選んだんだ。素朴でオープンな場であるからこそ、人々はゆっくりと自分自身に向き合うことができる」とコメント。

そんななか、なかなか見ることのできない神秘的な自然や美味しい料理を観て楽しむことで、旅行気分も味わえそうだ。

『世界で一番しあわせな食堂』は2021年2月19日(金)より新宿ピカデリー、渋谷シネクイントほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top