アーノルド・シュワルツェネッガー、婿のクリス・プラットをベタ褒め

クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、クリス・パインなど、多くの“クリス”が活躍しているハリウッド。

最新ニュース ゴシップ
アーノルド・シュワルツェネッガー&クリス・プラット (C) Getty Images
  • アーノルド・シュワルツェネッガー&クリス・プラット (C) Getty Images
  • クリス・プラット&キャサリン・シュワルツェネッガー (C) Photo by Rich Polk/Getty Images for Disney
  • アーノルド・シュワルツェネッガー-(C)Getty Images
クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、クリス・パインなど、多くの“クリス”が活躍しているハリウッド。10月にツイッターでどのクリスが「最悪なクリス」かという論争が勃発し、クリス・プラットがその不名誉な称号を手にした。

クリスの義理の弟であるパトリック・シュワルツェネッガーや妻のキャサリン・シュワルツェネッガーはSNSでこれに反論し、クリスを擁護した。先日、『キンダガートン・コップ』(1990)の同窓会に出席した義理の父アーノルド・シュワルツェネッガーも、娘婿のクリスのことを「素晴らしい男。すぐに打ち解けられる人ですよ。最高の夫で、最高の義理の息子。よき父」とべた褒めだ。

今年8月、クリス&キャサリン夫妻に長女ライラちゃんが誕生したことで、おじいちゃん業を楽しんでいるというアーノルド。同窓会では劇中の“元教え子”たちにおじいちゃんになった喜びを爆発させた。「おじいちゃんという存在は、責任を持たないでいいからものすごく楽しいってよく言いますよね」とジョークを言って大笑い。

また、自分の娘が俳優と結婚するのは予想外だったとも明かした。「娘は映画のセットに連れていかれるのをうんざりしていると思ったから」だという。『ターミネーター2』のセットで、顔半分がなくなったようなメイクをしているアーノルドを見て、キャサリンが大泣きしたという思い出も語った。「セットで叫び、泣き出してしまったんです。どうしてパパがそんな顔になってしまったのか、理解ができない年だったので」。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top