ポン・ジュノ監督『すばらしき世界』を絶賛「遥か先まで進んだ映画」

西川美和監督最新作『すばらしき世界』の公開に先駆けて、著名人からコメントが到着した。

映画 邦画ニュース
『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
本年度シカゴ国際映画祭にて、観客賞&最優秀演技賞の2冠を達成した西川美和監督最新作『すばらしき世界』が、来年2月11日(木・祝)より公開。この度、公開に先駆けて、著名人からコメントが到着した。

>>『すばらしき世界』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、直木賞作家・佐木隆三の小説「身分帳」を原案に、その舞台を約35年後の現代に置き換え、一度レールを外れても懸命にやり直そうとする実在の男と、彼を追う若きテレビマンのカメラを通して、「社会」と「人間」の“いま”をえぐる問題作。

『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
『パラサイト 半地下の家族』が大きな話題となり、西川監督とかねてより親交のあるポン・ジュノ監督は、本作について「私たちが生きるこの世界は、適応すべき価値がある場所なのか?と突きつけられた。とにかく実に深く、遥か先まで進んだ映画だ」と絶賛。

前作『永い言い訳』の主演を務めた本木雅弘は「幸福と鉛とを交互に飲み込む西川さんの作品には、他にはない滋味深さがある。現実を転写したスクリーン上にみるみる零れる切なさと愛おしさ、、、観るべき、知るべき、この “ すばらしき世界 “」とコメントした。

ほかにも、「誰かが空を見上げ、美しいと感じる瞬間がある。その瞬間の空には、わたしを含め個々の行動が反映されているのかもしれない。素敵な映画でした」(小泉今日子)、「ただしいもまちがいもない、このようにしか生きられないひとりの人の姿が在る。その静かな重みに圧倒される」(角田光代)、「終盤、走っている三上を見て、笑いながら泣いた。こんな風に、祈るような気持ちで映画を観たのは初めてだった」(尾崎世界観)など、本作を称賛する声が届いた。

さらに、ポン・ジュノ監督のコメントを挿入したショートバージョンの予告編も併せて公開された。


『すばらしき世界』は2021年2月11日(木・祝)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top