「鬼滅の刃」ブームはどのように広がっていったのか?ツイートから分析

Twitterで生まれたクチコミのデータ分析から、「鬼滅の刃」のヒットの要因を検証した。

最新ニュース コラム
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 劇場版「鬼滅の刃」主要キャラクターツイート数比較
  • 「鬼滅の刃」年間ツイート数推移(2018~2020年)
  • 「鬼滅の刃」年間ツイート数比較(映画公開前後)
  • 「魘夢」「猗窩座」ツイート数比較映画公開前後
  • 「煉獄杏寿郎」ツイートの関連語
  • 炭治郎『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 禰豆子『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
2020年12月21日、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が興行収入311億円、観客動員数2317万5,884人を達成し、歴代興行収入1位の『千と千尋の神隠し』(興行収入316億円)に迫る大ヒットを記録。12月4日の最終23巻の発売、そして累計発行部数1億2000万部を突破したことも大きな話題となった。

人気漫画・アニメの映画化は過去にも多くの例があるが、なぜここまで大きなヒットとなったのだろうか。Twitterで生まれたクチコミのデータ分析から、「鬼滅の刃」のヒットの要因を検証した。

【目次】
◆「鬼滅の刃」の話題はどのように広がったか
◆「推し」が支える「鬼滅の刃」
◆ 300億の立役者・煉獄杏寿郎はどう語られているのか


「鬼滅の刃」の話題はどのように広がったか


炭治郎『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable炭治郎
「週刊少年ジャンプ」にて2016年11号より連載が開始された吾峠呼世晴の漫画「鬼滅の刃」。主人公・竈門炭治郎は、鬼に家族を殺され、唯一生き残った妹・禰豆子は鬼に変貌してしまう。そんな絶望的な状況で、妹を人間に戻し、鬼を討つため、鬼狩りに身を投じるという物語。単行本1巻~23巻が発売され、累計発行部数は1億2000万部を突破した。

TVアニメが放送される前年の「2018年」、アニメ放送年となる「2019年」、映画公開年である「2020年」における「鬼滅の刃」の年間ツイート数の推移を調べてみた。

「鬼滅の刃」年間ツイート数推移(2018~2020年)「鬼滅の刃」年間ツイート数推移(2018~2020年)
2018年は322,520件だったツイート数が、2020年には実に47倍となる15,166,840件にまで増加したことがわかる。これは同時期のジャンプ系漫画・アニメの「ハイキュー」「僕のヒーロ-アカデミア」「呪術廻戦」「チェンソーマン」「約束のネバーランド」に関するツイート数を合計した7,557,650件の2.0倍に匹敵する。

さらに、映画公開日である10月16日を起点に、公開前後の1か月のツイート数を調べた。

「鬼滅の刃」年間ツイート数比較(映画公開前後)「鬼滅の刃」年間ツイート数比較(映画公開前後)

映画公開後のツイート数は、公開前に比べて3.7倍に伸長した。そして、映画公開前後2か月間のツイート数(5,654,030件)が2019年のツイート数を上回っていることから、「映画公開」が大きな話題の山を生み出したことがわかる。

現在、TVアニメは放送が終了しているが、「dTV」、「Netflix」、「Amazon Prime Video」、「Hulu」をはじめ、「U-NEXT」、「ABEMAプレミアム」、「FOD」、「Paravi」、「TSUTAYA TV」など様々な配信プラットフォームで配信しており、この作品へのアクセスの良さも『鬼滅』ブームを後押しした要因と考えられる。「FOD」や「U-NEXT」などでは、原作コミックも読むことができる。

なお、12月20日にはフジテレビでアニメの第22話~第26話で構成された「竈門炭治郎 立志編」の完結編であり、劇場版へと続くストーリーを描く「鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編」も放送された。


「推し」が支える「鬼滅の刃」



禰豆子『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable禰豆子
「鬼滅の刃」の魅力の一つに、個性豊かなキャラクターたちがあげられる。主人公の竈門炭治郎、妹の竈門禰豆子、仲間の我妻善逸、嘴平伊之助。そして、劇場版におけるメインキャラクターともいえる煉獄杏寿郎をはじめとした、主人公が属する「鬼殺隊」におけるリーダー的存在の9人の「柱」たち。果ては敵となる「鬼」まで。 

特定のキャラクターが大きくクチコミされるなど、各キャラクターに関するツイート数に差はあるのだろうか。それとも、満遍なく全てのキャラクターがクチコミされているのだろうか。

2020年における、劇場版の主要キャラクターに関するツイート数は以下のとおり。

劇場版「鬼滅の刃」主要キャラクターツイート数比較劇場版「鬼滅の刃」主要キャラクターツイート数比較

「鬼滅の刃」全体を通した主役である「竈門炭治郎」が最も多い2,568,650件、次いで劇場版での主役ともいえる「煉獄杏寿郎」が2,046,360件となった。また、劇場版に登場した仲間たち(竈門禰豆子、我妻善逸、嘴平伊之助)が2人に次いでほぼ同規模のツイート数で話題になっていることがわかった。

特定のキャラクターに話題が集中することなく、キャラクターそれぞれが話題になっていることから、人気もある程度分散化していると推察される。この好きなキャラクターへの「推し」の分散こそが話題を多様化させ、一層の盛り上がりを醸成したのではないだろうか。

猗窩座『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable猗窩座
一方、敵の鬼として登場した「魘夢」と「猗窩座」は、鬼殺隊メンバーに比べて相対的に少ないツイート数となったものの、映画公開前1カ月間と公開後1か月間を比較すると「魘夢」で12倍、「猗窩座」で15倍と大きな伸びを見せた。

「魘夢」「猗窩座」ツイート数比較映画公開前後「魘夢」「猗窩座」ツイート数比較映画公開前後

豆知識:“過去最強の敵”下弦の壱・魘夢


「鬼殺隊」の最終目的は、人を喰らう鬼にする能力を持つ鬼の始祖・鬼舞辻無惨を倒すこと。劇場版では、“過去最強の敵”下弦の壱・魘夢が立ちはだかった。

■強力な異能力である血鬼術を使う鬼たち
魘夢が使う血鬼術は、相手を眠らせ、意のままに夢を見させる。その間に精神を破壊することで、対象者を廃人にすることができる。

■鬼たちにも階級あり
基本的に鬼の強さはどれだけ多くの人を喰らったかで決まり、中でも鬼舞辻直属の12体の鬼は「十二鬼月」と呼ばれ、上位の鬼6体を「上弦の鬼」、続く鬼たちを「下弦の鬼」と呼び、それぞれ数字が小さくなるほど強い力を持つ。

ゆえに、魘夢は下弦の鬼の中で最強ということになる。

■もうひとりの敵…
敵は魘夢だけではく、新たに上弦の参・猗窩座が登場。煉獄杏寿郎との苛烈な死闘が繰り広げられる。


300億の立役者・煉獄杏寿郎はどう語られているのか


煉獄杏寿郎『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable煉獄杏寿郎
鬼滅の刃の人気を支えるキャラクターたちの中でも、特に劇場版の主役ともいえる「煉獄杏寿郎」は、映画の盛り上がりの立役者と言って過言ではない。そこで「煉獄杏寿郎(以下、煉獄さん)」と共にツイートされた言葉(関連語)を調べた。

「煉獄杏寿郎」ツイートの関連語「煉獄杏寿郎」ツイートの関連語
「鬼滅」「映画」「無限列車」など、作品に関する文脈の中でクチコミされたものが多いが、「はぁぁ~煉獄さんかっこよすぎて 乗車したくて仕方ない~~」「映画を見るたびに煉獄さんをもっと好きになる」「煉獄さんかっこよすぎたし」「煉獄さん好き」などの感情と共に煉獄さんがクチコミされたものも多かった。

また、「煉獄さん最高すぎた!煉獄さんのお母さんも素敵な方。とにかくもう最後の方涙が止まらず。煉獄さんの最後の言葉、心に刺さるものばかりでほんとに励まされた」「何度見ても面白い!煉獄さんすごく素敵です」「いやー、何回観ても泣きますね。煉獄さんの生き様がすごい。映像も音楽も声優陣も本当に素晴らしい」「煉獄さんあなた凄い影響力だよー」「煉獄さんめちゃめちゃかっこええやん惚れてまうわ!」「煉獄さんがマジでやばい………」といった風に、映画の感想や強調表現と共にクチコミされるなど、煉獄さんは映画を観た方からポジティブな感情と共に語られていることも示唆された。

また43位の「しんどい」という言葉も、実際のツイート内容を追っていくと、煉獄さんへの愛が「好きすぎてしんどい」「かっこよくてしんどい」というポジティブな意味として使われていた。また中には、「#煉獄さん300億の男」というタグも登場している。

このような魅力的で求心力のある立役者の存在も、鬼滅の刃が歴史的大ヒットとなるための鍵であったに違いない。鬼滅の刃の話題が、煉獄さんと共にどこまでアツく続いていくのか引き続き目が離せない。

※本記事におけるツイート数は、リツイートなどによって拡散されたツイートを除き、ユーザーによって一次発信されたツイート件数を指します
※本記事のデータは全て、ソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」で算出しています
《鈴木崇太(トライバルメディアハウス・文化観測士)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top