成田凌&清原果耶W主演『まともじゃないのは君も一緒』主題歌はTHE CHARM PARK

成田凌が独身・彼女なしの予備校講師、清原果耶が恋愛雑学豊富な教え子を演じW主演する『まともじゃないのは君も一緒』の主題歌が決定した。

映画 邦画ニュース
『まともじゃないのは君も一緒』(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
  • 『まともじゃないのは君も一緒』(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
  • THE CHARM PARK
  • THE CHARM PARK
  • THE CHARM PARK「Bedroom Revelations」ジャケット写真
成田凌が独身・彼女なしの予備校講師、清原果耶が恋愛雑学豊富な教え子を演じW主演する『まともじゃないのは君も一緒』。この度、本作の主題歌をシンガーソングライターのTHE CHARM PARKが担当することが決定した。

>>『まともじゃないのは君も一緒』あらすじ&キャストはこちらから

THE CHARM PARKは、シンガーソングライター、Charm(チャーム)によるソロユニット。アーティスト活動のみならず、「ASIAN KUNG-FU GENERATION」、「V6」、登坂広臣への楽曲提供や、タイの国民的ポップシンガー「STAMP」のプロデュースも手掛け話題に。

今回本作のために書き下ろされた主題歌は、心地の良いギターのリフとポップセンスが光るミディアムテンポの楽曲「君と僕のうた」。2月3日リリースの最新フルアルバム「Bedroom Revelations」の先行配信として、本日よりこの「君と僕のうた」の配信もスタートした。

「Bedroom Revelations」には、2曲目に収録されており、本アルバムのタイトルであるベッドルームでの“気づき”からベッドルームで制作されている。

THE CHARM PARK「Bedroom Revelations」ジャケット写真
なお、コロナ禍の状況において、アーティストとしての自分のあり方も模索した今回のアルバムの制作。本楽曲最後のサビ前をドラマチックに盛り上げるトランペットも彼のボイスパーカッションとなっており、注目ポイントだ。

THE CHARM PARKは楽曲について「いくら遠ざかってもすぐに戻れるような僕らの原点をイメージして書いた曲です。2021年になって初めて発信する曲、この一年を前向きに迎えられるような楽曲になった気がしてとても嬉しいです」とコメントしている。

THE CHARM PARK
アルバム先行配信「君と僕のうた」は1月13日(水)配信スタート。

3rd Full Album「Bedroom Revelations」は2月3日(水)リリース。

『まともじゃないのは君も一緒』は3月19日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top