成田凌、“普通”からズレた主人公は「素直に生きている人」『まともじゃないのは君も一緒』

成田凌と清原果耶がW主演し、『婚前特急』『わたしのハワイの歩きかた』の監督・前田弘二、脚本・高田亮コンビによるオリジナルストーリーとなる映画『まともじゃないのは君も一緒』。

映画 邦画ニュース
『まともじゃないのは君も一緒』(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
  • 『まともじゃないのは君も一緒』(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
  • 『まともじゃないのは君も一緒』(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
  • 『まともじゃないのは君も一緒』(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
  • 『まともじゃないのは君も一緒』(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
  • 『カツベン!』 (C) 2 0 1 9「カツベン!」製作委員会
  • 『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
成田凌と清原果耶がW主演し、『婚前特急』『わたしのハワイの歩きかた』の監督・前田弘二、脚本・高田亮コンビによるオリジナルストーリーとなる映画『まともじゃないのは君も一緒』

本作は「普通に結婚して、普通に暮らしたい」と思うも、世間に馴染めず、自分の何が“普通”と違うのか分からないでいる独身・彼女なし、いわゆる“世間の普通から全くズレた男”の予備校講師・大野(成田さん)と、実は恋愛経験ゼロなのに自分を恋愛上級者と思いこみ、大野を“普通じゃない”と指摘する唯一の相手である教え子の香住(清原さん)の全く気が合わない2人のユーモアにあふれた掛け合いが見どころの一つ。今回は、どんな役でも確実にこなす“振れ幅MAX”俳優の成田さんの魅力と役柄に迫った。

>>『まともじゃないのは君も一緒』あらすじ&キャストはこちらから

成田さんといえば、映画『スマホを落としただけなのに』で狂気の連続殺人犯を演じると「怖すぎてヤバい」とその怪演が話題になり、詩人・中原中也を彷彿とさせる文学青年を演じた『ビブリア古書堂の事件手帖』と合わせて2019年の日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

『愛がなんだ』(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会『愛がなんだ』より
『愛がなんだ』では現代的な青年を、自身の初主演作となった『カツベン!』では大正時代の“偽”活動弁士としてドタバタ喜劇をもこなし、現在放送中のNHK連続テレビ小説「おちょやん」でも大正・昭和初期の青年を演じるなど、時代設定や役どころに関わらず、どんな役でも説得力を感じさせる成田さん。

そして本作では、女性にデートに誘われ「あなたの普段行っている所に行きたい」と言われて、お洒落なお店ではなく本当に行きつけの定食屋に行ったり、女性に“好きです”と告白されても「それ定量的にいってくれるかな?」と数学用語を真顔で言ってしまう大野を好演。

『まともじゃないのは君も一緒』(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
そんな大野について、成田さんは「素直に生きている人だと思うんです。素直に分からないことは、分からないと言う。その分からないポイントが普通とは違うので変だと言われますが、人としては変ではないと思います」とコメント。

さらに「コメディに振り切ろうとしてしまうと危険な作品なんですが、(清原さんも)同じくらいの危機感を持ってやってくださったと思います」と、演じる上であえて誇張した演技をしないように意識したそうで、清原さんとの掛け合いは不安もなくスムーズにできたという。

『まともじゃないのは君も一緒』(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
また、劇中でも印象的で、予告編でも描かれている大野の独特な笑い方は、前田監督と成田さんでいくつか案を出し合って完成した笑い方だそう。恋愛経験・コミュ力ゼロ、普通に恋愛をしたい大野としての存在に説得力を感じさせるのは、「歩き方、走り方で人柄って出ると思うので、そういう細かい演技をやっていこうと思ってます」と話す成田さんの緻密な演技の賜物。

『まともじゃないのは君も一緒』(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会
本作でも、役に憑依した成田さんの演技力に目を奪われることになりそうだ。

『まともじゃないのは君も一緒』は3月19日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top