岩田剛典“キダ”と松井愛莉“ミチル”の出会い…「Re:名も無き世界のエンドロール」本編映像

オリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」より本編映像が到着した。

最新ニュース スクープ
「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
  • 「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
現在公開中の映画『名も無き世界のエンドロール』のラストから半年後を描くオリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」より本編映像が到着した。

>>『名も無き世界のエンドロール』あらすじ&キャストはこちらから

本作では、映画から引き続き岩田剛典が主演を務め、目の前に現れたひとりの女性との出会いを通して、命を賭けた交渉に再び臨んでいくキダの姿を描く。

「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
今回到着した映像は、岩田さん演じるキダが、マコト(新田真剣佑)との意外な繋がりを持つ松井愛莉演じる謎の女性・ミチルと出会う場面。


半年前のある出来事を経たキダは、闇の交渉屋の仕事から遠ざかり、生きる希望を失いビルの屋上でひとり佇んでいた。そんな場所を普段から憩いの場にしているミチルはキダを見つけ、思わず励ましの言葉をかける。

さらに初対面のはずのミチルは、キダとマコト、そしてヨッチ(山田杏奈)の幼なじみたちにとって運命を変えた大切な言葉を口にする。

「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会(C)エイベックス通信放送
「一日あれば、世界は変わる」という言葉がキーワードとなり、再び運命が錯綜する本作。なぜ、ミチルはこの言葉を知っていたのか、再び危険な交渉に挑むキダの運命とは? 映画を観たあとは、キダが迎えるもう1つのエンドロールも見逃せない。

『名も無き世界のエンドロール』は全国にて公開中、オリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」はdTVにて独占配信中(現在第1話配信中、毎週金曜日新エピソード配信、全3話)。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top