Amazonのアンソロジードラマにアン・ハサウェイ、アンソニー・マッキーら8人の豪華キャスト

Amazonのアンソロジードラマ「Solos」(原題)に、アン・ハサウェイ、ヘレン・ミレン、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー、ダン・スティーヴンス、コンスタンス・ウー、ウゾ・アドゥバ、ニコール・ベハーリーの豪華キャスト8人が出演することが明らかになった。

最新ニュース ゴシップ
アン・ハサウェイ(C)Getty Images
  • アン・ハサウェイ(C)Getty Images
  • アン・ハサウェイ Photo by Amanda Edwards/WireImage
  • アンソニー・マッキー -(C) Getty Images
  • ヘレン・ミレン-(C)Getty Images
  • モーガン・フリーマン-(C)Getty Images
  • ダン・スティーヴンス -(C) Getty Images
  • コンスタンス・ウー (C) Getty Images
Amazonのアンソロジードラマ「Solos」(原題)に、アン・ハサウェイ、ヘレン・ミレン、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー、ダン・スティーヴンス、コンスタンス・ウー、ウゾ・アドゥバ(「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」)、ニコール・ベハーリー(「スリーピー・ホロウ」)の豪華キャスト8人が出演することが明らかになった。それぞれのファンがツイッターで喜びの声を上げている。

「Solos」は、「人と人とのつながりの深い意味」を掘り下げていく、7つのパートからなるアンソロジードラマ。それぞれのキャラクターの異なる視点、瞬間によって物語が語られるという。配信は2021年に予定している。

Amazonの「Hunters/ハンターズ」で製作総指揮を務めたデヴィッド・ウェイルが、今作でショーランナー、製作総指揮に再起用され、監督デビューも果たす。ウェイル本人がツイッターで報告している。

ウェイルは「尊敬してやまないアーティストたちと『Solos』を映像化する。これはもう、『楽しみ』なんて言葉で語れないほど興奮することです」と大喜びしている。

ウェイルのほか、サム・テイラー=ジョンソンとローラ・ランカスターも製作総指揮に名を連ねている。テイラー=ジョンソンは2つのエピソードを監督し、ザック・ブラフとティファニー・ジョンソンも監督するという。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top