土屋太鳳、田中圭の裏の顔は?「アボカドみたい」『哀愁しんでれら』初日舞台挨拶実施

『哀愁しんでれら』の初日舞台挨拶が行われ土屋太鳳、田中圭、COCO、監督の渡部亮平が登壇した。

最新ニュース レポート
『哀愁しんでれら』初日舞台挨拶(C)2021 『哀愁しんでれら』製作委員会
  • 『哀愁しんでれら』初日舞台挨拶(C)2021 『哀愁しんでれら』製作委員会
  • 『哀愁しんでれら』初日舞台挨拶(C)2021 『哀愁しんでれら』製作委員会
  • 『哀愁しんでれら』初日舞台挨拶(C)2021 『哀愁しんでれら』製作委員会
映画『哀愁しんでれら』の初日舞台挨拶が本日2月5日に行われ、土屋太鳳、田中圭、COCO、監督の渡部亮平が登壇。2月3日に誕生日を迎えた土屋さんへのサプライズも行われた。

>>『哀愁しんでれら』あらすじ&キャストはこちらから

悲劇的運命をたどる主人公・小春を演じた土屋さんは、この日、純白のドレスで登場し、「どうにか小春を幸せにできないかなと思って」と説明。王子様的夫・大悟役の田中さんについては「田中さんが演じると聞いたときは、『なるほど!わかった!』と大悟さんの姿が見えて、小春を身近に感じることができました」と信頼している様子。

『哀愁しんでれら』初日舞台挨拶(C)2021 『哀愁しんでれら』製作委員会
一方、田中さんは娘ヒカリ役のCOCOさんについて「お芝居が初めてだとは途中まで気づかなかった。役への切り替えも自然に出来ていたので、変にケアする必要もなく、一共演者として見守っていました」と絶賛し、土屋さんも「くらいつくように泣くシーンを何度もやっていて、その姿を見ているこちらも涙が出そうでした」と熱演を明かした。

また、土屋さんと田中さんの共演は、本作で3度目。土屋さんの裏の顔について問うと、田中さんは「太鳳ちゃんはストレッチ馬鹿。いつでも体をほぐしている」と明かすが、田中さんが土屋さんに肩揉みをしたことをふり返り「マジでガッチガチだった。あのストレッチは何なの!?とビックリたまげた。お前が一番こっとるやないかい!と思うくらいガチガチだった」と暴露。これに土屋さんは「このコリはどうしようもないというか…。頑張ってストレッチしているけれど」と照れ笑いを見せた。

『哀愁しんでれら』初日舞台挨拶(C)2021 『哀愁しんでれら』製作委員会
反対に田中さんの裏の顔については「圭さんは裏表がなくて、ありのままが服を着て歩いてきた感じ」と土屋さん。「寝ぐせも凄いままで現場に来るし、ジャージにサンダルで来る。でも心は温かいので、アボカドみたい。外は柔らかいけれど中はハードボイルドだよという感じ」と独特の表現で語った。

そして26歳の誕生日を迎えた土屋さんへ、ガラスの靴が乗ったオリジナルフラワーケーキをサプライズでプレゼントする一幕も。「来年も再来年もずっとこのままで成長していってほしい。土屋太鳳の木には沢山の実がなっているので、そのまま変わらず、元気に明るく、みんなに愛され愛す太鳳ちゃんでいてください」と祝福した田中さん。

これを受けて土屋さんは「私はゆっくりタイプかもしれないけれど、一日一日を大切にして、枯れても種のために枯れられたらと思います」と話していた。

『哀愁しんでれら』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top