北川景子『ファーストラヴ』主題歌MVに出演「映画の役柄を思い出しながら」

北川景子がUruの「ファーストラヴ」ミュージックビデオに出演。映画から生まれたストーリーを堤幸彦監督が描き出している。

映画 邦画ニュース
『ファーストラヴ』(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会
  • 『ファーストラヴ』(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会
  • 『ファーストラヴ』(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会
  • Uru
  • 『ファーストラヴ』 (C) 2021「ファーストラヴ」製作委員会 
  • 『ファーストラヴ』(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会
  • 『ファーストラヴ』 (C) 2021「ファーストラヴ」製作委員会 
  • 「ファーストラヴ」初回生産限定盤
北川景子が自身の主演映画『ファーストラヴ』の主題歌となっている、Uruの「ファーストラヴ」ミュージックビデオに出演。映画から生まれたストーリーを堤幸彦監督が描き出し、北川さんにとってもミュージックビデオ初出演となった。

>>『ファーストラヴ』あらすじ&キャストはこちらから

今回公開された映像は、映画『ファーストラヴ』の後日談ともいえるストーリー。映画の主人公・真壁由紀を北川さんが演じ、堤幸彦が原案、監督を務め、楽曲の持つ切なくも温かいバラードの世界を、圧倒的な演者の力と幻想的な映像美で映画と同じスタッフによって作り上げた特別なミュージックビデオとなった。


撮影を終えた北川さんは「ミュージックビデオはずっとやってみたいと思っていたんですが、何故か今まで機会がなくて。初めてが私が主演させていただいた映画の主題歌で、なおかつUruさんの楽曲で本当に嬉しかったです」と喜びを語り、「堤監督とは映画の撮影から1年以上空いていたんですが、久しぶりと言う感じもなく、現場に来て堤組のスタッフさんとお会いしたら映画の撮影の時に戻ったような感覚があって、すぐに役に入る事が出来ました」とふり返る。

『ファーストラヴ』(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会
そして改めて楽曲について、「メロディの切なさとUruさんの声の柔らかさや深さが包み込んでくれて、聴いていると悲しいや辛いというよりも、心が浄化され、晴れやかな気持ちになる温かい曲だと感じました。楽曲が映画の内容に寄り添ってくださっていたので、楽曲を丁寧に自分が表現できれば映画の世界観とも自然とつながって来ると思い、映画の役柄を思い出しながらもUruさんのミュージックビデオだという事を意識して演じました」とコメントしている。

Uru
Uruさんにとって通算10枚目となるシングル「ファーストラヴ」は、同曲を表題曲に、映画の挿入歌「無機質」を収録。カップリングには現在ストリーミングチャートを席捲中の優里「ドライフラワー」をピアノアレンジでカバーしたヴァージョンで収録、さらに最新シングル「Break」をバラードアレンジにしたセルフカバーが収録される。

『ファーストラヴ』は2月11日(木・祝)より全国にて公開。

Uruのシングル「ファーストラヴ」は各配信・サブスクリプションサイトにて先行配信中、2月10日(水)よりリリース。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top