白濱亜嵐、研修医役で4月ドラマ主演! 熱いエールを送る青春群像劇

この春のテレビ朝日新土曜ナイトドラマは白濱亜嵐主演の「泣くな研修医」を放送することが決定した。

最新ニュース スクープ
白濱亜嵐「泣くな研修医」
  • 白濱亜嵐「泣くな研修医」
  • 白濱亜嵐「泣くな研修医」
この春のテレビ朝日新土曜ナイトドラマは、「EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE」白濱亜嵐主演の「泣くな研修医」を放送することが決定した。

大きな話題となった「M 愛すべき人がいて」ではマサ直属の部下・流川翔を演じ、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』『10万分の1』などに出演、俳優としても活躍する白濱さん。今回彼が演じるのは、研修医・雨野隆治。地方の大学医学部を卒業して上京し、都内総合病院の外科で研修することになった雨野を待っていたのは、何もできず、何も分からず、先輩医師や上司からただ怒られるばかりの毎日。傷ついた患者や、時に救えない患者を前に、無力である現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながらも、医師という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちと共に成長していく姿を描いていく。

「泣くな研修医」
白濱さんは「『研修医』という言葉は知っていても、実際に医療の世界でどのような立ち位置で、どのような役割なのかなど詳しくはわからなかったのですが、ひとりの俳優としても、どんどん前に進みたいと思っていたので、この挑戦はすごくありがたかったですし、嬉しかったです」と出演を喜び、「雨野には同じ研修医の仲間たちがいるんですけど、その群像劇感というか、共に一生懸命頑張っていく姿を見せることによって、世の中の人に元気になってもらえる作品になるんじゃないかと思いました」と多くの人へエールとなることを願う。

また「医療用語などわからないことは率先して勉強するようにしています。あと、実はおじが外科医、おばが看護師なので、いろいろ話も聞きながら、これから積極的に役作りしていきたいと思います」と着々と準備を進めていると明かし、「今こういう状況下なので、この作品を通して、医療従事者の皆さまにも元気や、日々の活力を与えられるように頑張らなきゃなと思います」と力を込めた。

なお、本作は現役外科医・中山祐次郎の同名小説デビュー作が原作。中山さんは「小説『泣くな研修医』は、日々の手術や救急医療の合間を縫って、『生と死がせめぎあう医療現場のリアル』と『医師なのにまだ何も分からない研修医のリアル』を書きました。現役の医師にしか書けない現場にこだわった作品です」と語り、「ドラマには、原作にはない、雨野の研修医の同期たちも登場し、そこから生まれる『新しいリアル』がとても楽しみです」とドラマ化に期待を寄せている。

「泣くな研修医」は4月、毎週土曜日23時~テレビ朝日にて放送予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top