【インタビュー】エル・ファニング、監督&製作業でも存在感増す 躍進の裏に「家族の支え」

スクリーンの妖精、永遠の天使――。確かな演技力とイノセントな魅力を併せ持つエル・ファニング。

最新ニュース インタビュー
「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」 (C) 2021 MRC II Distribution Company, L.P.
  • 「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」 (C) 2021 MRC II Distribution Company, L.P.
  • 「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」 (C) 2021 MRC II Distribution Company, L.P.
  • 「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」 (C) 2021 MRC II Distribution Company, L.P.
  • 「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」 (C) 2021 MRC II Distribution Company, L.P.
  • 「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」 (C) 2021 MRC II Distribution Company, L.P.
  • 「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」 (C) 2021 MRC II Distribution Company, L.P.
  • 「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」 (C) 2021 MRC II Distribution Company, L.P.
  • 「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」 (C) 2021 MRC II Distribution Company, L.P.
スクリーンの妖精、永遠の天使――。確かな演技力とイノセントな魅力を併せ持つエル・ファニング。

2歳で映画界入りし、現在に至るまで数多の実力派監督と組んできた彼女が、かねてより熱望していた製作総指揮・主演を務めたドラマ「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」が、日本初放送を迎える(2月15日から、海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて)。

放蕩者のピョートル皇帝(ニコラス・ホルト)のもとに嫁いだ女性エカチェリーナ(エル・ファニング)は、夫の傍若無人ぶりと堕落しきった宮廷内の様子にカルチャーショックを受ける。理想と現実の違いに絶望した彼女だったが、やがて「自分がこの“世界”を変える」と決意し、“女帝”エカチェリーナとしてのし上がっていく。


『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』の鬼才ヨルゴス・ランティモス監督によるアカデミー賞受賞作『女王陛下のお気に入り』の脚本を手掛けたトニー・マクナマラが企画・製作総指揮も兼ねた本作は、ブラックな笑いと過激な描写が畳みかける意欲作。混沌の世界でず太く生き抜いていくエカチェリーナを体当たりで演じたエルの新境地といえるだろう。

製作総指揮を経験し、彼女がいま見据える先は? 表現者としてさらに覚醒した感のあるエルの、濃密な単独インタビューをお届けする。

企画段階から参加し、自らスタジオに作品を売り込んだ



エルによれば、「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」は、元々は戯曲だったとのこと。トニー・マクナマラからエカチェリーナ役のオファーが届き、ドラマ版のプロットと第1話の脚本を読んだ際の第一印象を「圧倒されました」と振り返る。

「トニーは『女王陛下のお気に入り』の脚本も手掛けていますが、その当時はまだ世に出ていなかったんです。だからこの独特の雰囲気を比較するものが何もなかったのですが、すごく特殊でかつ野生的で、だけれど同じくらいエモーショナルで地に足がついていて…それでいて歴史劇の要素も押さえていて、『こんなの読んだことない!』とびっくりしました」。

瞬く間にこの物語の虜となったエルは、「エカチェリーナ役を私に、と言ってくれたこともすごくうれしかったし、迷うことなく即『出演したい』と言いました」と振り返る。しかも、役者としてだけではなく、エグゼクティブプロデューサー(製作総指揮)としての役割も打診してくれたのだという。


「トニーは、出演者としてだけでなく、私にもう少しがっつり作品に関わってほしかったようで、私もプロデュースと監督は長年やりたいことのひとつだったので、『ぜひ!』と挑戦したんです。自分自身、映画のセットの中で育ったから、いつもプロデューサーや監督を見ながら『あの人たちの仕事は、どうやって生まれて、どのように出来上がっていくんだろう?』と興味を持っていました」。

「ただ、私が加わったときは、まだチームができていなくて。私とトニーと、脚本しかなかったんです」と、エルは思い出し笑いを交えながら明かしてくれた。

「まだスタジオも決まっていなかったので、トニーと一緒に、自分たちと作品を売り込むところから始めました。私にはまったくの新しい体験で、プロデュースも最高に楽しかった! ただ同時に、『自己主張をしっかりしないといけない』など、学ぶことも多かったです。この経験って、まさにエカチェリーナと重なりますよね」。

《SYO》

特集

関連記事

特集

page top