グザヴィエ・ドラン監督、BTSのVと『パラサイト』チェ・ウシクにラブコール「一緒に仕事をしたい」

『たかが世界の終わり』のグザヴィエ・ドラン監督が、BTSのVに「一緒に仕事をしたい」とラブコールを送った。

最新ニュース ゴシップ
グザヴィエ・ドラン Photo by Stephane Cardinale - Corbis/Corbis via Getty Images
  • グザヴィエ・ドラン Photo by Stephane Cardinale - Corbis/Corbis via Getty Images
  • チェ・ウシク Photo by Han Myung-Gu/WireImage
  • BTS (C)Getty Images
  • グザヴィエ・ドラン Photo by Jacopo Raule/Getty Images
  • グザヴィエ・ドランPhoto by Henri Tullio/Paris Match via Getty Images
『たかが世界の終わり』のグザヴィエ・ドラン監督が、BTSのVに「一緒に仕事をしたい」とラブコールを送った。

ドラン監督は、韓国の雑誌「ARENA HOMME PLUS」とのインタビューで、韓国人アーティストの中からだれを監督作にキャスティングしたいかと尋ねられた。すると『パラサイト 半地下の家族』でギウ役を演じたチェ・ウシクとBTSのVを挙げ、「私は本当にウシクのことが大好き。Vはすごく魅力的だからいつか一緒に仕事をしてみたい」と語った。

BTSのファンは喜び、「ぜひ実現してほしい。テヒョン(V)とウシクが一緒に演技することを」「テヒョンにまた俳優をやってほしい。魅力があるし、才能もあるから」「世界は俳優のテヒョンを必要としている」などとツイッターでコメントしている。

現在31歳のドラン監督は、20代前半からヴェネチア国際映画祭やカンヌ国際映画祭などで作品が上映され、高い評価を受けてきた。2016年のカンヌ国際映画祭では、『たかが世界の終わり』がコンペティション部門でグランプリとエキュメニカル審査員賞を受賞している。(パルム・ドールはケン・ローチ監督作『わたしは、ダニエル・ブレイク』が受賞)。

アデルの「Hello」のMVの監督を務めたり、『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』などの作品には俳優として出演しているなど、多才なことで知られている。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top