ラッセル・クロウ、『ソー』最新作に出演決定 クリス・ヘムズワース夫妻との写真を投稿

『マイティ・ソー』シリーズ第4弾『Thor: Love and Thunder』(原題)に、ラッセル・クロウが“参戦”することが明らかになった。

最新ニュース ゴシップ
『マイティ・ソー』シリーズ第4弾『Thor: Love and Thunder』(原題)に、ラッセル・クロウが“参戦”することが明らかになった。「Deadline」などが報じた。

『Thor: Love and Thunder』にはすでに錚々たるスターたちのカメオ出演が決定しており、前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』の劇中劇でソーを演じたルーク・ヘムズワース、ロキを演じたマット・デイモン、オーディンを演じたサム・ニールが“俳優役”として再集結する。映画本編ではソーをクリス・ヘムズワース、ロキをトム・ヒドルストン、オーディンをアンソニー・ホプキンスが演じていた。

今作には、劇中劇に前作の悪役ヘラも登場するとのことで、映画ではケイト・ブランシェットが演じたこの役をメリッサ・マッカーシーが“女優”として演じるのだという。

ほかにも、クリスチャン・ベイル、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーが出演し、シフ役のジェイミー・アレクサンダーとジェーン役のナタリー・ポートマンも復帰と、かつてない豪華な顔ぶれがそろう。


ラッセルの役柄は不明だが、現在同作を製作中のオーストラリアに滞在しており、3日前にインスタグラムに主演のクリス・ヘムズワース&エルサ・パタキー夫妻とボートの上で笑顔を見せる写真を投稿。「マイティ・ソーとグラディエーターが一緒に写っているだなんて」とファンが喜びの声を寄せている。ラッセルは白い立派なあごひげをたくわえており、「3月になんでサンタクロース(みたいなひげ)!?」などというツッコミもあったが、『Thor: Love and Thunder』の役作りの可能性もありそうだ。
《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top