セルゲイ・ポルーニン出演、女性作家の愛と性の実体験描く『シンプルな情熱』7月公開

異端のダンサー、セルゲイ・ポルーニンが出演したベストセラー恋愛小説の映画化『シンプルな情熱』(原題:Passion simple)が、7月2日(金)より公開されることが決まった。

映画 洋画ニュース
『シンプルな情熱』 (C)2019 L.FP. Les Films Pelleas - Auvergne - Rhone-Alpes Cinema - Versus production(C)Julien Roche
  • 『シンプルな情熱』 (C)2019 L.FP. Les Films Pelleas - Auvergne - Rhone-Alpes Cinema - Versus production(C)Julien Roche
『オリエント急行殺人事件』『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』などで俳優としても活躍する異端のダンサー、セルゲイ・ポルーニンが出演したベストセラー恋愛小説の映画化『シンプルな情熱』(原題:Passion simple)が、7月2日(金)より公開されることが決まった。

原作はマルグリット・デュラス賞など、フランスで最も権威ある数々の文学賞に輝き、近年では自身の名前を冠した賞も設立されたフランス現代文学を代表する作家アニー・エルノーが、1991年に発表した作品。

ある男性との愛と性に全存在をかけるエルノー自身の実体験が赤裸々に綴られ、日本でも小池真理子、林真理子、山田詠美ら人気作家が熱く支持。自分らしい恋愛を探し求める人々を中心に大反響を巻き起こした。発表当時は不世出の問題作とされたが、現在では普遍的な傑作として女性たちの生き方に衝撃と影響を与え続けている。

パリの大学で文学を教える教師のエレーヌは、年下で既婚者のロシア外交官アレクサンドルとパーティで知り合い恋に落ちる。昼下がりに、自宅やホテルで逢瀬を重ね、彼との抱擁にのめり込んでいくエレーヌだったが…というストーリー。

アレクサンドルを演じるのは、セルゲイ・ポルーニン。19歳で英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルに選ばれた2年後、人気絶頂の真っ只中で退団を発表。現在は全身にタトゥーをまとう異端のダンサー、そして俳優としての新たなステージを竜巻のごとく席巻中のアーティスト。

エレーヌを演じるのは、『若い女』(2017)でリュミエール賞有望女優賞を受賞した実力派のレティシア・ドッシュ。恋に落ちた瞬間のジェットコースターのような躍動感、片時も離せない携帯電話、他の人との約束を入れたくない予定表、一度しか着ない服や下着、不安になると検索してしまう名前…、そうした恋の高揚感と全身を満たす幸福感、そしてその裏側の痛みまでも繊細かつ大胆な演技で体現する。

監督は長編劇映画デビュー作と第2作で続けてカンヌ国際映画祭監督週間に選出されたダニエル・アービッド。原作のスピリットを忠実に映画化することに成功、本作でも2020年カンヌ国際映画祭に公式選出された。

「骨太で節のあるドラマで、言葉にできない喜び、混乱、哀しみを表現したレティシア・ドッシュの素晴らしい演技が秀逸。感情までが透けて見えるようだ」(Film.list)、「セルゲイ・ポルーニンも、ミステリアスで魅力的。レティシア・ドッシュの恋の狂いを際立たせる」(ザ・ガーディアン紙)と海外メディアからも称賛されている。

『シンプルな情熱』は7月2日(金)よりBunkamura ル・シネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top