マ・ドンソク、驚異のワンカットアクション披露『ザ・バッド・ガイズ』カチコミシーン

『新感染 ファイナル・エクスプレス』『悪人伝』のマ・ドンソクを主演に迎えて描く最凶クライム・アクション・エンターテインメント『ザ・バッド・ガイズ』から、本編映像が解禁となった。

韓流・華流 スクープ
『ザ・バッド・ガイズ』 (C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ザ・バッド・ガイズ』 (C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ザ・バッド・ガイズ』 (C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ザ・バッド・ガイズ』 (C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ザ・バッド・ガイズ』 (C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
『新感染 ファイナル・エクスプレス』『悪人伝』のマ・ドンソクを主演に迎えて描く最凶クライム・アクション・エンターテインメント『ザ・バッド・ガイズ』から、本編映像が解禁となった。

>>『ザ・バッド・ガイズ』あらすじ&キャストはこちら

今回解禁されたのは、親友を殺した人物の手がかりを掴むため、マ・ドンソク演じるパク・ウンチョルが1人でヤクザの組事務所にカチコミへ行く、本編序盤の重要なシーン。

すでに床に伸びている相手のネクタイを拳に巻きつけ、「仕事だ」と一言。怯まぬ組の若造たちを相手に、“伝説の拳”のさらなる逸話の更新に乗り出す。


「この野郎」の罵声には拳でお返し。組員を窓辺に押しやり、素手で花瓶を粉砕。机に組員を叩きつけ、右から左へのお掃除のあとに、ダメ押しの一発をお見舞いする。

棚を倒す、逃げまどう組員を空中に持ち上げるなど、戦意を喪失させるレベルのパワーも炸裂。10人余りを床に伏せさせるその間わずか40秒あまり。まるでアトラクションを見ているかのような、驚異のワンカットアクションが繰り広げられている。


武術監督は『新感染 ファイナル・エクスプレス』『犯罪都市』『エクストリーム・ジョブ』のホ・ミョンヘン。マ・ドンソクとのタッグ歴も豊富なホ武術監督だからこそ実現しえたと言える、パク・ウンチョルの圧倒的なパワーとカリスマ性を観客の目に焼きつけるアクションだ。

ソン・ヨンホ監督はマ・ドンソクのアクションについて、「撮影に少なくとも3~4日はかかるシーンですら、マ・ドンソクは1日半で全てこなした。”アクショマスター”と呼ばれる資格のある俳優だ」と絶賛している。

『ザ・バッド・ガイズ』は4月9日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top