全米映画俳優組合賞(SAGアワード)、最高賞に当たるキャスト賞は『シカゴ7裁判』

第27回全米映画俳優組合賞授賞式(以下、SAGアワード)が、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われた。

最新ニュース ゴシップ
『シカゴ7裁判』
  • 『シカゴ7裁判』
  • 『マ・レイニーのブラックボトム』Netflixにて独占配信予定
  • 「クイーンズ・ギャンビット」はNetflixにて独占配信中
  • 「ザ・クラウン」シーズン4はNetflixにて独占配信中
第27回全米映画俳優組合賞授賞式(以下、SAGアワード)が、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われた。例年、1月の最終日曜日に開催されるが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて延期に。式の時間も2時間から1時間に短縮された。

アカデミー賞を占うのに“最重要”の賞として位置づけられているSAGアワードで、作品賞かつ最高賞に当たるキャスト賞を受賞したのはアーロン・ソーキン監督作『シカゴ7裁判』だった。ほかにはスパイク・リー監督作『ザ・ファイブ・ブラッズ』、ジョージ・C・ウルフ監督作『マ・レイニーのブラックボトム』、リー・アイザック・チョン監督作『ミナリ』、レジーナ・キングの監督デビュー作『あの夜、マイアミで』がノミネートされていた。

受賞結果は以下の通り。

【映画部門】



キャスト賞
『シカゴ7裁判』

主演男優賞
チャドウィック・ボーズマン 『マ・レイニーのブラックボトム』

主演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス 『マ・レイニーのブラックボトム』

助演男優賞
ダニエル・カルーヤ 『Judas and the Black Messiah』

助演女優賞
ユン・ヨジョン 『ミナリ』

スタント・アンサンブル賞
『ワンダーウーマン 1984』

【テレビ部門】



男優賞(テレビ映画・リミテッドシリーズ部門)
マーク・ラファロ 「ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー」

女優賞(テレビ映画・リミテッドシリーズ部門)
アニャ・テイラー=ジョイ 「クイーンズ・ギャンビット」

アンサンブル賞(ドラマ部門)
「ザ・クラウン」

男優賞(ドラマ部門)
ジェイソン・ベイトマン 「オザークへようこそ」

女優賞(ドラマ部門)
ジリアン・アンダーソン 「ザ・クラウン」

アンサンブル賞(コメディ部門)
「シッツ・クリーク」

男優賞(コメディ部門)
ジェイソン・サダイキス 「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」

女優賞(コメディ部門)
キャサリン・オハラ 「シッツ・クリーク」

スタント・アンサンブル賞(ドラマ部門 or コメディ部門)
「マンダロリアン」
《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top