キャリー・マリガンが“毒っ気”放つビジュアル『プロミシング・ヤング・ウーマン』7月16日公開

アカデミー賞5部門ノミネートのキャリー・マリガン主演映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』公開日が7月16日(金)に決定、日本版ポスタービジュアルが解禁。

映画 洋画ニュース
本年度アカデミー賞に作品賞はじめ、女性監督エメラルド・フェネルが監督賞と脚本賞、そしてキャリー・マリガンが主演女優賞、さらに編集賞と5部門にノミネートされた『プロミシング・ヤング・ウーマン』。その公開日が7月16日(金)に決定、日本版ポスタービジュアルが完成した。

>>『プロミシング・ヤング・ウーマン』あらすじ&キャストはこちらから

タイトルの意味する通り、“前途有望な若い女性”だったキャシーは、ある事件によって医大を中退、カフェの店員となった。その一方で、夜ごとバーで泥酔したフリをしては男性たちを誘惑する。ある日、小児科医となったハンサムな元クラスメートがカフェを訪れ…。

監督は、ロマンティック・コメディと復讐劇を融合させた独創的な自身の脚本で、長編デビューを飾ったエメラルド・フェネル。主人公を演じたキャリー・マリガンは、批評家たちから「キャリア最高の演技」と絶賛を浴びており、女性蔑視やジェンダーバイアスへの強烈な怒りを放ちながらも、見事なエンターテインメントに昇華された話題作となっている。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』 (C)2020 PROMISING WOMAN, LLC All Rights Reserved.
この度解禁された日本版ポスタービジュアルは、口紅で書かれた原題(PROMISING YOUNG WOMAN)と唇の絵、そして滴る紅色。そんな艶やかなアートとは裏腹に「私も彼女も“前途有望”なはずだった――」というコピーが添えられ、毒っ気と謎のあるビジュアルに。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』 (C)2020 PROMISING WOMAN, LLC All Rights Reserved.
主人公で元医大生のキャシーの身に起こる、スリリングな事件とあふれる哀しみ・怒り・絶望が見て取れ、ネット上での熱狂と批評家たちの絶賛も相まって、本作への期待値がますます高まるものとなっている。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』は7月16日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷、シネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top