『ロード・オブ・ザ・リング』、中国で再公開されるも『名探偵コナン 緋色の弾丸』が圧倒

先週金曜日、中国で再公開が開始となった『ロード・オブ・ザ・リング』が不運に見舞われた。

最新ニュース ゴシップ
『ロード・オブ・ザ・リング』(C) Warner Bros. Entertainment Inc. The Lord of the Rings, the characters, names and places therein are trademarks of The Saul Zaentz Co., d/b/a Tolkien Enterprises under license to New Line Productions, Inc.
  • 『ロード・オブ・ザ・リング』(C) Warner Bros. Entertainment Inc. The Lord of the Rings, the characters, names and places therein are trademarks of The Saul Zaentz Co., d/b/a Tolkien Enterprises under license to New Line Productions, Inc.
  • 『名探偵コナン 緋色の弾丸』(C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
先週金曜日、中国で再公開が開始となった『ロード・オブ・ザ・リング』が不運に見舞われた。

4Kリマスター版として華々しい再デビューを果たすはずだった同作。「Variety」誌によると、中国当局の検閲で承認されたのが公開のわずか2日前というタイミングだったため、公開初日は多くの劇場でデジタルデータの準備が間に合わず、金曜日、土曜日とキャンセルが相次ぎ、チケットの返金に追われたという。

そんな災難は、オープニング興収に大きな影響を与えた。『ロード・オブ・ザ・リング』も、3月に再公開された『アバター』と同様、もしくはそれ以上のヒットも予想されていたが、404万ドル(約4億4000万円)と期待を大きく下回る結果に。なお、『アバター』の再公開時のオープニング興収は、2370万ドル(約25億8000万円)だった。

結果として、中国の先週末のオープニング興収で首位に立った作品は、日本より1日遅れで17日に公開された『名探偵コナン 緋色の弾丸』だった。土日の2日間で1680万ドル(約18億3000万円)と好調な滑り出し。

『ロード・オブ・ザ・リング』は三部作全てが中国で再公開予定で、2作目の『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』は今月23日に公開、3作目の『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』についてはまだ公開日が発表されていない。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top