「夜空と交差する森の映画祭2021」複数日程でリアル開催

「夜空と交差する森の映画祭2021」がリアル開催決定。ティザーサイトも本日よりオープンした。

最新ニュース スクープ
夜空と交差する森の映画祭2021
  • 夜空と交差する森の映画祭2021
  • 夜空と交差する森の映画祭
  • 夜空と交差する森の映画祭
  • 夜空と交差する森の映画祭
  • 夜空と交差する森の映画祭
  • 夜空と交差する森の映画祭2021
野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭2021」が10月2日(土)より埼玉県飯能市名栗エリアにてリアル開催されることが決定。ティザーサイトも本日よりオープンした。

森の映画祭は、野外フェス形式で長編映画やインディーズショートフィルムを個性豊かな世界観の中、オールナイトで上映するイベントとして、2014年より8年間開催。今年はオールナイトではなく、“昼から夜にかけたイベント”として、さらに期間4日間という複数日程で実施する。

昼から町での新スタイル


例年のオールナイトとは異なり、「おひさまパート」「おつきさまパート」という連続する2つのパートからなる、昼から夜にかけての実施を想定する今回。

夜空と交差する森の映画祭
日中の「おひさまパート」では、名栗エリアを散策しながら、屋内施設にて換気をしながら入れ替え制にて、数十本の短編映画や、世界観に浸ることのできるアクティビティが楽しめる。一方、夜の「おつきさまパート」では、夜空の下「ノーラ名栗」内の野外ステージのスクリーンにて、長編映画を1本上映する。

イベント初となる複数日程


三密を回避のため、計4日間の開催で参加人数を分散させる予定の今回。「おひさまパート」は全日基本的には共通の内容、「おつきさまパート」上映長編映画は各日異なる作品を予定。

夜間の宿泊としては、一部キャンプエリアやグランピングエリアも設ける予定だ(過去の開催のような深夜のコンテンツの実施なし)。

なお、チケットは初夏、販売開始予定となっている。

「夜空と交差する森の映画祭2021」は10月2日(土)・3日(日)・9日(土)・10日(日)埼玉県飯能市名栗エリアにて開催。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top