キャリー・マリガン“キャシー”の痛烈な復讐が始まる…『プロミシング・ヤング・ウーマン』日本版予告

エメラルド・フェネル監督がアカデミー賞脚本賞を受賞したキャリー・マリガン主演『プロミシング・ヤング・ウーマン』から日本版予告が解禁、復讐劇が幕を開けた。

映画 洋画ニュース
独創的な自身の脚本で長編監督デビューを飾ったエメラルド・フェネルが、アカデミー賞脚本賞に選ばれたキャリー・マリガン主演『プロミシング・ヤング・ウーマン』の日本版予告が解禁となった。

>>『プロミシング・ヤング・ウーマン』あらすじ&キャストはこちらから

第93回を数えながら、初めて監督賞候補に複数(2名)の女性がノミネートされ、大きな話題となった米・アカデミー賞。長編デビューを飾った、女優でもあるフェネルは監督と脚本賞のWノミネートを果たし、脚本賞を見事に受賞した。主人公を演じたキャリー・マリガンは同主演女優賞にノミネートされ、批評家たちから「キャリア最高の演技」と絶賛を浴びている。

解禁となった予告編では、キャシー(キャリー・マリガン)がバーで酔ってソファーで眠り込むシーンから始まる。その様子を見て「まるで誘っているみたいだ」と居合わせた男たちの無分別な言葉が反響し、気づいたときにはベッドの上に…。しかし、これは全てキャシーの計画通り。

「何やってんの?って聞いたんだよ」と、完全シラフの彼女が放った言葉に驚愕する男たち。


そんな日常の中、いまは小児科医となったハンサムな元クラスメートのライアンと偶然再会する。この出会いをきっかけに“ゲームチェンジ”。前途有望だったキャシーの過去に起きた、ある事件への復讐劇の幕が開く。キャシーの怒りは限界突破。ブリトニー・スピアーズ「TOXIC」のメロディに乗って、どぎつい色の甘いキャンディで包んだ猛毒が全身を駆け巡るかのように観る者をいざなう。最後の、キャシーの言葉にも注目だ。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』 (C)2020 PROMISING WOMAN, LLC All Rights Reserved.
ジャンルレスな本作は、多くの観客の共感を獲得しつつ、激しい論争を巻き起こしている。その理由は、女VS男という対立構造の中で男性側を断罪して終わるのではなく、社会にはびこるジェンダーバイアスを浮き彫りにしているから。彼女の落とし前の矛先は“ナイスガイ”だけに留まらず、女性の同調圧力などにも向けられ、痛烈に批判する。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』は7月16日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷、シネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top