中村倫也、ワケあり&癒しの珈琲屋と見事なシンクロ率「珈琲いかがでしょう」

「凪のお暇」で知られるコナリミサトの人気漫画を実写ドラマ化した「珈琲いかがでしょう」で、主人公の“移動珈琲屋さん”を演じる中村倫也が話題となっている。

最新ニュース コラム
「凪のお暇」で知られるコナリミサトの人気漫画を実写ドラマ化した「珈琲いかがでしょう」で、主人公の“移動珈琲屋さん”を演じる中村倫也が話題となっている。

以前から、原作ファンの間では移動珈琲屋・青山のビジュアルや仕草、佇まいが「中村倫也にしか見えない」と話題に上っていた本作。柔和な雰囲気ながらもタダ者ではない過去を匂わせる、中村さんが演じる青山は「漫画の中から飛び出たみたい」「シンクロ率がビックリするほど高すぎ」と言われ、中村さん自身「僕以外の役者が演じていたら何よりもまず僕が文句を言っていたと思う」とコメントするほど。中村さんはまた新たな代表作を手にしている。

コナリミサト・ワールドにハマる“ゆるふわ”存在感


「珈琲いかがでしょう」上 (C)コナリミサト/マッグガーデン「珈琲いかがでしょう」上 (C)コナリミサト/マッグガーデン
テレビ東京などで放送中の「珈琲いかがでしょう」は、中村さん演じる素敵な移動珈琲屋「たこ珈琲」の店主・青山一が、街から街へと行く先々で、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく“幸せを運ぶ珈琲物語”。

脚本・監督を『かもめ食堂』や『めがね』『彼らが本気で編むときは、』の荻上直子が務めており、“丁寧に、誠実に”がきちんと映像化されているのも見どころとなっている。

中村さんは、2019年夏にドラマ化されたTBS系「凪のお暇」に引き続いての、コナリ作品への出演。「凪のお暇」では誰にでも優しい天性の“人たらし”で、“メンヘラ製造機”ともいわれたイベントオーガナイザー・安良城ゴン役に扮し、毎週タイムラインを沸かせた中村さん。

原作でも人気の高い、けだるい色気と癒しの空気を同時にまとうゴンを実写化できるわけがない、というファンの懸念も何のその。中村さんが演じたことで、ドキドキときめきながらも一緒にいて居心地よく、隣にいれば安心して“息ができそう”なゴンは実在した! と思わせてくれた。

中村倫也『騙し絵の牙』公開前夜祭『騙し絵の牙』公開前夜祭より
そんな中村さんには、原作のコナリさんも「ゴンが素晴らしすぎたので青山も素晴らしすぎる未来しか見えません」と大きな期待を寄せる。この満を持しての再タッグは、愛でる要素しかないのだ。

珈琲屋・青山のダークな過去にも興味津々…作品中での振り幅は必見


「珈琲いかがでしょう」(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会
2005年に映画『七人の弔』で俳優デビューした中村さんが、一気に花開いたのが2018年ごろ。妻に浮気をされたモラハラ夫役の「ホリデイラブ」に、シェフ役の「崖っぷちホテル!」など話題作出演が相次ぎ、その変幻自在ぶりが注目を集めた。

特に、永野芽郁がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で演じた、佐藤健演じる律の友人“マアくん”こと朝井正人役は強烈なインパクト。肩に子猫を乗せたセーター姿で登場し、微笑みだけで間を持たせる“マアくん”は中村さんの魅力を炸裂させることになった。

また、ディズニー実写映画『アラジン』のプレミアム吹替版をはじめ、のん主演『私をくいとめて』では主人公・みつ子の“心の拠り所“となる脳内相談役“A”を担当するなど、声の仕事にも定評があるだけに、その癒しボイスも“幸せを運ぶ”移動珈琲屋にハマっている。

中村さんが演じる青山のゆっくりと穏やかな口調と、柔らかな笑顔で悩める人たちのために丁寧に、誠実に珈琲を淹れていく所作はいちいち絵になり、画面からいまにも立ち上ってきそうな淹れ立て珈琲の香りも相まって観る者を心地よくさせていく。

かと思えば、第2話、山田杏奈演じる雅のピンチを助ける際には一瞬の殺気が宿り、第3話では金髪姿で暴れるシーンも。映画『孤狼の血』の血気盛んな若手ヤクザのダークさを彷彿とさせた。第4話でも、過去を知るゴンザ(一ノ瀬ワタル)に「あの青山が珈琲屋なんて」と言われるほど。スイーツが苦手なコンビニチェーン社長を演じた「この恋あたためますか」や映画『ファーストラヴ』の弁護士役といったスマートなイメージも記憶に新しい中で、“ワル”時代の青山の姿はまさに衝撃。

「珈琲いかがでしょう」5話 (C) 「珈琲いかがでしょう」製作委員会「珈琲いかがでしょう」5話より
第5話「ほるもん珈琲」では、青山を追うぺいこと杉三平(磯村勇斗)がついに目の前に現れ、しかも、第1話で出会った垣根志麻(夏帆)とも再会することになる。

青山の元仕事仲間だと自己紹介したぺいが、「静かなところで3人で話そう」と提案する。だが、ぺいの目的は青山を花菱(渡辺大)のもとへ連れていくこと。垣根を巻き込みたくない青山だが、ぺいは“垣根は保険だ”と逃がそうとしない。

移動中、垣根から青山の前職について尋ねられたぺいは、「強いて言えば清掃業」と答える。そして血や泥にまみれながら“清掃業”をしていた当時について語ることになるが…。

また、「初恋珈琲」では、ある理由でぺいは花菱らから殴る蹴るの暴行を受けることに。一方、青山は、垣根に珈琲にハマるきっかけになった、ホームレスのたこ(光石研)との出会いを打ち明ける。

青山の過去とは? なぜ、青山は移動珈琲店で各地を転々としているのか? 右手の手袋の意味は? 青山とぺいの関係とは? 気になることだらけの今作は次回が1つのターニングポイントとなりそうだ。


「珈琲いかがでしょう」は毎週月曜日23時6分~テレビ東京ほかにて放送中。地上波放送終了後、Paravi・ひかりTVにて配信。
《text:Reiko Uehara》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top