『1秒先の彼女』公開記念!チェン・ユーシュン初期の青春映画『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』上映

90年代、台湾新世代の“異端児”として注目を集めたチェン・ユーシュンの最新作『1秒先の彼女』公開を記念し、彼の初期2作『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』の上映が決定。

韓流・華流 スクープ
『熱帯魚』 (C)Central Pictures Corporation
  • 『熱帯魚』 (C)Central Pictures Corporation
  • 『熱帯魚』 (C)Central Pictures Corporation
  • 『熱帯魚』 (C)Central Pictures Corporation
  • 『熱帯魚』 (C)Central Pictures Corporation
  • 『熱帯魚』 (C)Central Pictures Corporation
  • 『熱帯魚』 (C)Central Pictures Corporation
  • 『熱帯魚』 (C)Central Pictures Corporation
  • 『熱帯魚』 (C)Central Pictures Corporation
90年代台湾映画界において、エドワード・ヤンやホウ・シャオシェンとは一線を画す台湾新世代の“異端児”として注目を集めたチェン・ユーシュン。最新作『1秒先の彼女』公開を記念し、彼の初期2作『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』の上映が決定した。

>>『1秒先の彼女』あらすじ&キャストはこちらから

いつまでも色褪せない!90年代台湾を感じる、ポップで瑞々しい青春映画の傑作


『ラブ ゴーゴー』 (C)Central Pictures Corporation『ラブ ゴーゴー』
類まれなる色彩感覚とユーモアセンス、そして叙情豊かな物語で描き出す、チェン・ユーシュン監督の唯一無二の世界観。独特のタッチで瑞々しい青春模様を描いた『熱帯魚』(95)、『ラブ ゴーゴー』(97)は若い世代から多くの共感を獲得。当時の日本でも熱狂的な人気を誇り、華々しいデビューを飾るが、チェン・ユーシュン監督はその2作品を残してしばらく映画製作から離れてしまう。

『熱帯魚』 (C)Central Pictures Corporation『熱帯魚』
作品のその輝きはいまなお色褪せることなく、日本でもデジタルリストア版が上映され、再評価を高めている。その後、CM業界に活躍の場を移していたが、16年ぶりに本格的に映画製作に復帰。長編復帰3作目となる『1秒先の彼女』は、20年前から温めていた脚本を基に撮りあげた作品。

『1秒先の彼女』(C)MandarinVision Co, Ltd『1秒先の彼女』
それは、人よりワンテンポ早い彼女の消えたバレンタインをめぐる物語と、ワンテンポ遅い彼のもうひとつの物語。愛すべきはみ出し者たちをユーモアと優しさ溢れる眼差しで描いてきたチェン・ユーシュン監督の原点回帰にして、第57回金馬奨(台湾アカデミー賞)では最多5冠(作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、視覚効果賞)に輝いた。

『熱帯魚』(95)



受験戦争にまったくなじめない夢見がちな台北の少年。そんな少年をなりゆきで誘拐してしまった、超田舎な一家の、これまた一風変わった面々。誘拐報道がヒートアップする台北がまるで別世界のように、少年は連れ去られた南部の漁村で、白日夢のような不思議な時間を過ごし、そして謎めいた少女と遭遇する。はたして彼は、無事に(?)台北へ戻り、そして高校受験に間に合うことができるのだろうか――。

『ラブ ゴーゴー』(97)




ケーキ職人の冴えないアラサー男子、アシェン。アシェンのアパートに同居する食欲旺盛なリリー。アシェンが小学生のときの初恋の君リーホア、セールスには100%向かない内気な痴漢撃退グッズセールスマン、アソン――。どこにでもいそうな、でもどこか冴えない若者たちが紡ぐ物語。一目見たら忘れられない超個性的なキャストたちが奏でる、絡みあった3つの恋模様に注目。

『1秒先の彼女』は6月25日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

<『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』劇場情報>
【東京】アップリンク吉祥寺
6月11日(金)~6月24日(木)
※2週間限定・日替わり上映

【京都】アップリンク京都
7月2日(金)~7月8日(木)
※1週間限定・日替わり上映
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top