片桐はいりから渡されたものとは…SSFF & ASIA企画『おばあさんの皮』予告公開

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021」。この度、上映されるたくさんのショートフィルムの中から、小説を基に製作された『おばあさんの皮』の予告編が公開された。

映画 邦画ニュース
『おばあさんの皮』
  • 『おばあさんの皮』
  • 『おばあさんの皮』
  • 片桐はいり
  • 大前粟生
  • 浜野謙太
  • 高橋惠子
  • 金澤美穂
  • 加藤小夏
リアル会場に先駆けて、オンラインでの開催が始まった「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021」。この度、上映されるたくさんのショートフィルムの中から、小説を基に製作された『おばあさんの皮』の予告編が公開された。

同映画祭では昨年より、日本博主催・共済型プロジェクトとして、世界中から集まるショートフィルムの特性を活かし、世界の美的感覚から日本古来よりある「侘び寂び」や「粋」に代表される、日本人特有の美的感覚を探る企画を実施。

その企画のひとつ、「日本各地に眠る文化や昔話のエッセンスを含む短編ストーリーを創作し、短編映画化するプロジェクト」では、福島の民話「姥皮(おっぱの皮)」から生まれた短編小説「おばあさんの皮」(大前粟生著)を原作とした短編映画を井上博貴監督が製作した。


故郷の福島県三島町から上京する途中、京子は土湯温泉で「おばあさんの皮」を手渡される。「美人とかいわれるのが嫌だった」京子は、皮を被っておばあさんに変身し、気になる男性の心のうちを探ろうとする――というストーリー。


予告編では、京子が「おばあさんの皮」を受け取り、おばあさんに変身する様子も描かれる。キャストには、加藤小夏、浜野謙太、金澤美穂、片桐はいり、高橋惠子が出演。なお、本編は6月21日(月)午後9時より、日本博特別サイトにて公開予定だ。

また令和3年度日本博主催・共済型プロジェクトでは、「Discover Beauty/美の発見」をテーマに、女性監督の視点から「日本の美」を描くショートフィルムを集めた「Discover Beautyプログラム」を6月11日(金)から21日(月)まで「SSFF & ASIA」オンライン会場にて配信、8月8日(日)~16日(月)に開催の「SSFF & ASIA 2021 in Achi」にて上映。

『祈り人』
プログラムには、松田美由紀と早乙女太一が共同監督した『祈り人』や、函館東山の里山に棲む狐を描くアニメーション『七五郎沢の狐』、第84回アカデミー賞短編部門ノミネート作品『津波そして桜』、『無法松の一生』の知られざる数奇な運命を紐解くとともに、宮島正弘撮影監督の修復にかける思いと、コロナ禍での国境を越えた修復に密着したドキュメント『ウィール・オブ・フェイト~映画『無法松の一生』をめぐる数奇な運命~』がラインアップされている。

『津波そして桜』
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021」は6月11日(金)~6月21日(月)都内複数の会場にて開催。オンライン会場は4月27日(火)~6月30日(水)開催中。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top