オーダーメイドのウエディングドレスから始まる物語『テーラー 人生の仕立て屋』公開

ギリシャ最大のテッサロニキ国際映画祭で三冠に輝き、世界中の映画祭から喝采を浴びた映画『Tailor』(英題)が、邦題『テーラー 人生の仕立て屋』として公開されることが決定、特報映像が到着した。

映画 洋画ニュース
ギリシャ最大のテッサロニキ国際映画祭で三冠に輝き、世界中の映画祭から喝采を浴びた映画『Tailor』(英題)が、邦題『テーラー 人生の仕立て屋』として公開されることが決定、特報映像が到着した。

寡黙なニコスはアテネで36年間、高級スーツの仕立て屋を父と営んできた。だが、ギリシャを不況が襲い、店は銀行に差し押さえられ、ショックで父は倒れてしまう。崖っぷちに立たされたニコスだったが、手作り屋台で「移動式テーラー」を始めることをひらめく。

大きな屋台を背負って街に繰り出すも、道端で高級スーツは売れず…途方に暮れるニコスにあるオファーが舞い込む。「ウエディングドレスは作れる?」紳士服一筋だったニコスは、世界に1着しかないオーダーメイドドレスを作り始めることに――!

監督を務めたのは、本作が長編初作品となる、“次世代のカウリスマキ”とも期待される新鋭の女性監督、ソニア・リザ・ケンターマン。美しいドレスを通して人と人とが繋がり、苦難を乗り越える希望に満ちた物語を見事に描いてみせた。

主演はジャック・タチを彷彿させると評判のギリシャのベテラン俳優、ディミトリス・イメロス。不器用に生きる主人公を丁寧に、かつユーモアたっぷりに演じきった。そして映画を彩るのは、アテネの市街地や郊外、エーゲ海沿いなど心躍る風景と、色とりどりのドレスたち。異国情緒溢れるアテネの風景と、華やかなファッションが心を満たす。

今回解禁された特報では、1961年創業の紳士服の仕立て屋ニコス親子が、店を差し押さえられる崖っぷちのシーンから始まる。途方に暮れたニコスが思いついたのはなんと「移動式テーラー」。意気込んで街を飛び出したニコスは思いがけない依頼を受ける。それは、人生の1着ともいえるウエディングドレス作り。どん底をチャンスに変えようと一歩踏み出すニコスの姿に勇気をもらえる映像となっている。


併せて到着したポスタービジュアルでは、エーゲ海を思わす青空と純白のウエディングドレスが目を引き、「人生は測れないから面白い」のコピーも印象的だ。

『テーラー 人生の仕立て屋』は9月3日(金)より新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top