アメリカ西部開拓時代、実在した女性を描く『カラミティ』9月23日に公開

2020年、アヌシー国際アニメーション映画祭にてクリスタル賞(グランプリ)を受賞した『カラミティ』。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり公開日が延期となっていたが、この度、9月23日(木・祝)からの公開が決定、新カットのキービジュアルと場面写真が解禁された。

映画 洋画ニュース
2020年、アヌシー国際アニメーション映画祭にてクリスタル賞(グランプリ)を受賞した『カラミティ』。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり公開日が延期となっていたが、この度、9月23日(木・祝)からの公開が決定、新カットのキービジュアルと場面写真が解禁された。

>>『カラミティ』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、2019年に日本公開され、その輪郭線のない美術的な画風とリアルなストーリー展開で話題を集めたのフランス・デンマーク共同制作アニメーション『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のレミ・シャイエ監督による最新作。

アヌシー国際アニメーション映画祭にてワールド・プレミア上映され、見事クリスタル賞を獲得。各国映画祭を巡回した後、昨年12月に本国フランスで公開され、シャイエ監督の個性的な映像表現はさらに磨きがかかり、よりエンターテインメント性が増したと評判を呼んだ。

『カラミティ』(C)2020 Maybe Movies ,NØrlum ,2 Minutes ,France 3 Ciném
日本では2020年12月に「フランス映画祭2020横浜」にて字幕版が、翌年3月開催の「東京アニメアワードフェスティバル」にて日本語吹き替え版がプレミア上映。日本上陸も待ち望まれていた。

西部開拓時代の女性描く『カラミティ』の背景


『カラミティ』(C)2020 Maybe Movies ,NØrlum ,2 Minutes ,France 3 Ciném
監督の前作『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』(15)は、行方不明になった祖父を探しに1人、北極を目指して旅立つ14歳の少女が主人公。本作『カラミティ』も同様に、12歳の少女の成長譚。主人公マーサが様々な困難に立ち向かう中で周りの大人たちに影響を与え、大人たちもいつしか成長していくという物語。

『カラミティ』(C)2020 Maybe Movies ,NØrlum ,2 Minutes ,France 3 Ciném
女性が言動や生き方を制約されていた西部開拓時代のアメリカにあって、主人公マーサは家族を支えるために髪を切り、ジーンズをはくことを決意。生きていくために必要な乗馬、馬車の運転、投げ縄といった“男の作法”を苦労して習得する。

『カラミティ』(C)2020 Maybe Movies ,NØrlum ,2 Minutes ,France 3 Ciném
カラミティ・ジェーンの誕生秘話でもある本作は、マーサを“ジェンダーレス”な生き方を選択した最初の女性として描いた。また、シャイエ監督はインタビューで、本作の制作過程においても男女平等を意識していたと語っており、制作スタジオのアニメーターの人数、管理職の男女比、そして給料の総額なども考慮。アニメーション制作は長期的なプロジェクトとなるため、女性アニメーターが制作期間中に産休を取得し、復職できる環境も整備されていたという。

『カラミティ』は9月23日(木・祝)より新宿バルト9ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top