女性活動家エリノアの素顔や凜々しいショットも『ミス・マルクス』場面写真

19世紀を代表する哲学者、経済学者カール・マルクスの末娘エリノア・マルクスの激動の半生を描いた『ミス・マルクス』の公開日が9月4日(土)に決定、併せて場面写真が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『ミス・マルクス』 Photo by Dominique Houcmant (C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 『ミス・マルクス』 Photo by Dominique Houcmant (C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 『ミス・マルクス』 Photo by Emanuela Scarpa (C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 『ミス・マルクス』 Photo by Emanuela Scarpa (C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 『ミス・マルクス』 Photo by Emanuela Scarpa (C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 『ミス・マルクス』(C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 『ミス・マルクス』 Photo by Dominique Houcmant (C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 『ミス・マルクス』 Photo by Dominique Houcmant (C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 『ミス・マルクス』 Photo by Emanuela Scarpa (C)2020 Vivo film/Tarantula
19世紀を代表する哲学者、経済学者カール・マルクスの末娘エリノア・マルクスの激動の半生を描いた『ミス・マルクス』の公開日が9月4日(土)に決定、併せて場面写真が解禁となった。

>>『ミス・マルクス』あらすじ&キャストはこちらから

社会主義とフェミニズムを結びつけた草分けの一人であり、時代を先駆けた女性として歴史を駆け抜けたエリノア・マルクス。その短くも激動の半生を、心揺さぶるパンクロックの響きに乗せて現代に甦らせた本作。

『ミス・マルクス』 Photo by Emanuela Scarpa (C)2020 Vivo film/Tarantula
この度、解禁された場面写真では、日本版オリジナルポスターにも使用された踊るエリノア(ロモーラ・ガライ)をはじめ、活動家として自信に満ち溢れた姿や孤独な感情をたたえた表情など様々なエリノアの姿が写し出されている。

『ミス・マルクス』 Photo by Dominique Houcmant (C)2020 Vivo film/Tarantula
ほかにも恋人エドワード・エイヴリングや仲間たちとのショット、父カール・マルクスや、少女時代のエリノアやマルクス家一同をおさめたショットなど、計9点。

『ミス・マルクス』(C)2020 Vivo film/Tarantula
主人公エリノアを演じるのは『つぐない』『未来を花束にして』のロモーラ・ガライ。本作の演技で「控えめながら、文句なしに人の心を打つ演技」(英・ガーディアン紙)、「強烈なパフォーマンス」(米・インディワイアー誌)など、世界的に絶賛を浴びた。エイヴリング役には『戦火の馬』「クイーンズ・ギャンビット」で知られるパトリック・ケネディ、カール・マルクス役は『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』のフィリップ・グレーニング監督が演じている。

『ミス・マルクス』 Photo by Dominique Houcmant (C)2020 Vivo film/Tarantula
『ミス・マルクス』は9月4日(土)よりシアター・イメージフォーラム、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top