鈴木亮平“喜多見”の「ありがとう」に感動の声が殺到、空白の1年には“大喜利モード”考察集まる…「TOKYO MER」2話

鈴木亮平主演「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の2話が7月11日放送。鈴木さん演じる喜多見の「ありがとう」に「重みある」「泣いちゃう」など感動の声が殺到。喜多見の“空白の1年”についてもタイムラインが大喜利モードで盛り上がっている。

最新ニュース スクープ
「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
  • 「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
  • 「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
  • 「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
  • 「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
  • 「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
  • 「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
鈴木亮平主演「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の2話が7月11日放送。鈴木さん演じる喜多見の「ありがとう」に「重みある」「泣いちゃう」など感動の声が殺到。喜多見の“空白の1年”についてもタイムラインが大喜利モードで盛り上がっている。

“MER”(モバイル・エマージェンシー・ルーム)とは、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施す救命救急のプロフェッショナルチーム。本作は都知事の号令で新設された「TOKYO MER」に集った医師や看護師たちのドラマとなる。

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
TOKYO MERのチーフドクターで救命救急医の喜多見幸太に鈴木さん。内々にTOKYO MERを潰すよう指示を受けている医系技官の音羽尚に賀来賢人。喜多見のやり方に反発する研修医の弦巻比奈に中条あやみ。救命救急の知識と経験が豊富な看護師の蔵前夏梅に菜々緒。

喜多見と衝突するハイパーレスキュー隊の千住幹生に要潤。喜多見をチーフに任命した東京都知事の赤塚梓に石田ゆり子。TOKYO MERの解体を目指す厚生労働大臣の白金眞理子に渡辺真起子。比奈の指導医で喜多見の元妻だった高輪千晶に仲里依紗。TOKYO MERの隊員役で佐野勇斗、小手伸也、フォンチー。さらに佐藤寛太、鶴見辰吾といった顔ぶれも出演する。

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
2話では工事現場で鉄骨落下事故が発生、比奈の判断ミスで患者が命の危険に陥る。自ら判断することから逃げた自分を悔やむ比奈だが、比奈の件がニュースとなり彼女はサポートに回されることになる。その後夏祭りで爆発事故が発生、サポートにまわるはずだった比奈だが、現場でさらなる事故が発生。喜多見からたった一人での重大オペを任される。恐怖に震える比奈だが喜多見から「あなた以外には、その人を救える人はいませんよ」と告げられ、自ら執刀する“覚悟”を決める…というのが2話の展開。

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
手術を成功させた比奈だが、実際は喜多見に途中で交代しなければ患者を死なせてしまうところだった。そのことを喜多見に伝え「私にはMERは無理です」と話す比奈に、先に比奈が腸間膜を止血してくれたから助けられたと話し「比奈先生がいてくれてよかった。ありがとう」と感謝の言葉を送る喜多見。

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話(C)TBS
鈴木さん演じる喜多見のこのセリフに「鈴木亮平の「ありがとう」って重みあるな」「そんな励まし方されたら泣いちゃう」「あなたがいてくれてよかったって、そんなん言われたら確実に嬉しすぎて泣く」などの声が殺到。

一方、音羽は喜多見の経歴に空白の1年間があることに着目、千晶が元妻であることも突き止め、喜多見の過去について聞き出そうとする…もちろん千晶は答えないのだが、喜多見の“空白の1年”についてSNSでは「喜多見せんせ、空白の1年はきっと漫画描いてたんだよ」「空白の一年間は漫画家してましたよ」「空白の一年間は変態仮面やってたんだな そら離婚だわ」など、鈴木さんの過去の出演作を引き合いにしたツイートが続々と投稿、タイムラインは“大喜利”状態となっている。
《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top